久保がブルージュ地元ファンの標的に… 出場時に「アンチ・バッファロー」のブーイング – ニコニコニュース



フットボールゾーンウェブ

クラブ・ブルージュの本拠地で行われたベルギー戦 ヘントの久保は洗礼浴びる

 ハリルジャパンはベルギー代表との親善試合で、0-1の敗戦を喫した。クラブ・ブルージュの本拠地ヤン・ブレイデルスタディオンで行われたこの一戦では、FW久保裕也(ゲント)のみならず、ベルギー代表選手が観衆の標的とされる一幕があった。

 ベルギーでプレーする久保は後半23分にFW浅野拓磨との交代でピッチに登場すると、スタンドから地鳴りのようなブーイングが鳴り響く。「アンチ・バッファロー!」という罵声が浴びせられた。

 久保が所属するヘントの愛称は「バッファロー」。ブルージュのライバルで活躍する日本人FWは、地元サポーターにとってブーイングの対象となったようだ。

 一方、ブーイングはベルギー代表選手にも浴びせられた。後半39分にMFアクセル・ヴィツェルと交代でピッチに飛び出したバーンリーに所属するMFスティーブン・ドフールもスタンドから罵声を浴びた。ドフールはブルージュの天敵、スタンダール・リエージュで5シーズンプレーした経緯があったため、地元サポーターの標的になったという。

「ライバル出身選手に友好的でなかった」

 ベルギー紙「ニウスブラッド」は、「何人かの選手がブルージュでベルギーサポーターに排除される。アンチ・バッファロー!」と報道。「クラブ・ブルージュのスタジアムはライバル出身と見なされる選手にはとても友好的ではなかった」と報じ、「ワースラント・ベベレンのリョウタ・モリオカもまた“歓迎”された」と、途中出場したベルギーでプレーする森岡も洗礼を浴びる羽目になった。

 全ては所属チーム次第――。相手チームのみならず、自軍選手の登場にも罵声を浴びせるのが、この日の会場となったブルージュの地元サポーターの流儀のようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images




こんな記事もよく読まれています