I would like to find at
in
or
x km
km
Set radius for geolocation
around me
Search

ジャパンXボウル IBM×富士通 – 日刊スポーツ



笑顔で健闘を誓い合う両首脳
笑顔で健闘を誓い合う両首脳。IBM山田晋三HC(左)と富士通藤田智HC

 第31回アメリカンフットボール日本社会人選手権「ジャパンXボウル(JXB)」が18日午後7時から、東京ドームでキックオフされる。

 富士通とIBMの3年ぶり2度目の対戦。前回は富士通が44−10で完勝したが、昨年の準決勝では富士通が試合終了間際のFGで28−26の逆転勝ちという大接戦で、力の差はない。

 5年連続9度目出場で2年連続3度目の優勝を狙う富士通か、3年ぶり2度目の出場で初Vを目指すIBMか。勝負の行方は全く予想がつかない。

キッキングが勝負を左右か

 攻守にタレントがそろうチーム同士の決勝。オフェンスでは、富士通はQBキャメロンの出来が勝利へのカギを握る。投げてよし、走ってよし。リーグ戦ではパスで958ヤード、10TD、ランで133ヤード、1TDを挙げた。WR中村、強らへのパス、RBゴードン、高口らを使うランは得点力抜群だ。対するIBMの攻撃は同パス1199ヤード、9TDのQBクラフトが操る。2年目のQB政本の成長も強みで、2人を巧みに併用する。レシーバーにはTEスタントンとWR栗原に、末吉、高木のRB陣も加わり、相手を惑わせる。

 ディフェンスでは、富士通はLBニクソン、DBアディヤミのリーグ優秀選手オールX選出組を中心に、DL、LB、DBが堅い連係を見せる。一方のIBMもオールXのDLブルックスが195センチ、123キロの巨体で立ちはだかる。DBには今季大活躍の小林もいて、富士通と遜色ない。

 勝負を左右しそうなのがキッキング。富士通のK西村とP吉田、IBMのK小田倉とK/P佐藤の動きにも注目したい。


ハーフタイムにNOKKO登場

自身初のクリスマス・ディナーショーも行うNOKKO
自身初のクリスマス・ディナーショーも行うNOKKO

 ハーフタイムショーには歌手のNOKKO(54)がゲスト出演。Xチアリーダー160人とコラボレーションし、パワフルな歌声を聞かせてくれるだろう。

 今年は精力的に活動し、自身初のクリスマス・ディナーショーも開催中。10日の長野・松本市・ホテルブエナビスタに続き、22日にはザ・プリンスパークタワー東京で行う。

 REBECCAとしては今年28年ぶりのツアーを展開、武道館ライブのブルーレイとDVDが20日に発売予定のほか、17年ぶりのシングル「恋に堕ちたら」も好評発売中だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す