清水建設、全方位カメラの架台開発 – リフォーム産業新聞



清水建設、全方位カメラの架台開発

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

改修方法の検討に使用

 清水建設(東京都中央区)はこのほど、川崎市を代表するものづくり企業3社と共同開発した照明付き全方位撮影カメラ架台「PanoShot R」を代理店経由で販売開始した。

清水建設 LEDライトを配列した円筒形架台LEDライトを配列した円筒形架台

 同製品は、リコー製の全方位撮影カメラ「RICOH THETA(以下、シータ)」をセットする、自撮り棒に着脱可能な照明付きの円筒形架台。

 清水建設は2014年に同製品のプロトタイプを開発。15年4月より和興計測、岩手電機製作所、津田山製作所と共同開発に取り組み、このほど実用新案を出願した。

 建物の改修工事を計画する際、改修の要否や改修方法を検討するのに必要となる、天井裏や床下などの暗い隠ぺい空間の写真の撮影・合成には多大な手間と時間を要していた。「PanoShot R」は、こうした課題を一挙に解決する製品として期待されている。

清水建設 架台とシータを一体にし、LEDライトを点灯した様子架台とシータを一体にし、LEDライトを点灯した様子

 販売代理店は、和興計測と同社100%子会社のテクネット。購入者は、住宅販売会社や不動産仲介会社、住宅診断会社、建設会社などを想定。すでに三井不動産リアルティから300台の購入予約を受けている。重量は286gで、販売価格は6万円(カメラ別売)。

 初年度、700台の販売を見込む。




こんな記事もよく読まれています