I would like to find at
in
or
x km
km
Set radius for geolocation
around me
Search

SONYは、スマートホームとaibo、車載イメージセンサー技術などで技術力をアピール ーCES2018レポート15 – IoTNEWS (プレスリリース)



CES2018 SONY

ラスベガスで開催されていたCES2018レポートの第15弾はソニーのブースからだ。

最近、技術的に意欲的な製品を出すことが多いソニー。今回も、高精細なテレビや、ノイズキャンセリングヘッドセットなど、様々な展示がされていた。

IoTとしては、入り口すぐに展示されていた、Google Assistant連携をしたテレビとスピーカーが、様々なスマートデバイスと接続するという展示があった。

現在75型などの大型テレビが売れているという米国にあって、テレビに音声応答スピーカーの機能をつけるという取り組みは必須となるはずだ。

CES2018 SONY

また、日本では先日公開された、イヌ型ロボットのaiboだが、世界では今回初公開となり話題を集めていた。

CES2018 SONY

イヌらしい動きを取り込んでいて、飼い主が撫でると座ったり、話しかけると頭を向けたりと、細かな演出がされていた。

そして、コネクテッドカーの分野で、人の眼を超えるイメージセンサーが「クルマの眼」となるといった、高精度の画像処理技術を披露していた。

CES2018 SONY

要素技術から完成されたロボットまで、様々分野、視点での「技術力」を見ることができた。



Previous 不在時の宅配物を守るIoTロックシステム ーCES2018レポート14

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す