三菱ケミカル、アクリル樹脂原料値上げ – 日本経済新聞



 三菱ケミカルは14日、アクリル樹脂原料のMMA(メチルメタクリレート)モノマーの国内価格を27日出荷分から引き上げると発表した。上げ幅は1キロ30円。値上げは4月以来で物流費の増加や輸出価格の上昇を理由としている。需要は液晶テレビの導光板や自動車ランプのカバー向けに堅調で「国内外で品薄感が強い」(三菱ケミカル)。




こんな記事もよく読まれています