カジュアルに高画質の360度VR映像を!YIの新カメラ「360 VR」、4万円台で6月発売 – Techable

fullsizeoutput_2919中国のカメラメーカーYIは、新商品の360VRカメラ「360 VR」を発表した。

ポケットに入るほどのコンパクトサイズであるにもかかわらず、360度VR映像を4kで撮影でき、ビデオに至っては5.7kという高画質。399ドル(約44000円)とこの手のものにしてはリーズナブルプライスで360度VRカメラ市場を開拓する。

2.5kでライブストリーミング

アクションカメラやホームセキュリティカメラなどを数多く手がけてきたYIにとって、初のハイエンド360度VRカメラとなる。

360度撮影できるカメラは近年かなり増えてきているが、YI 360 VR は映像の美しさと操作性を追求。360度映像を4kで撮影するカメラは他にもあるものの、ビデオの5.7kは最先端といってもいいだろう。また、2.5kでライブストリーミングもできる。

これらの機能を支えているのが、Ambarellaの映像処理SoCチップや、SONYCMOSセンサーだ。

fullsizeoutput_291d・アプリで編集も

そして、誰でも簡単に撮影して楽しめる仕様なのもポイント。YI 360 VR220度のカメラを2つ搭載しているが、ビルトインされたソフトウェアが2つの映像を自動でつなぎ合わせて360度映像を制作してくれる。

また、専用のアプリではビデオのプレビュー、再生、編集などができる。写真の同期機能を使えば、撮った写真が瞬時にアプリに反映するので、その場でシェアして楽しめる。

fullsizeoutput_291b・持ち歩きに便利な170グラム

いくら高機能でもかさばるサイズだと使いづらいが、その点YI 360 VR の重さはたったの170グラム。持ち歩いて、いつでも、どこでも360度VR撮影を楽しめそうだ。

YI 360 VRの価格は399ドル(約4万4000円)。サイトでプレオーダーを受け付け中で、6月に発売される予定となっている。

YI 360 VR Camera



こんな記事もよく読まれています

コメントを残す