[InterBEE2017]キヤノン、InterBEE 2017の出展概要を発表。EOS C700など4K/HDR対応のシネマカメラやディスプレイなど – エキサイトニュース



※写真は昨年の様子キヤノンは、2017年11月15日から17日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2017」に出展する(ホール3/No.3509)。

同社ブースでは、「映像表現に拡がりを、創り手にチカラを」をコンセプトに、新製品や同社の技術を紹介する。CINEMA EOS SYSTEMのフラッグシップモデル「EOS C700」や「EOS C200」、業務用ディスプレイ「DP-V2411」など、映像制作ワークフローをサポートする4K/HDR対応の映像制作機器を体験でき、4K対応の業務用ビデオカメラ「XF405/XF400」や、業務用HDビデオカメラ「XA15/XA11」のタッチ&トライ、4Kプロジェクターの新製品「4K600Z」の展示、4K HDRシアターなどを通して製品を紹介する。

同社が開発中の自由視点映像生成システムを用いて制作した3D映像や、音響効果とあわせて視聴可能な映像を初公開する。また、小型多目的モジュールカメラ「MM-100WS」や、約2.5億画素のCMOSセンサーを応用して制作した約2.5億画素/約10億画素の映像、8K対応のカメラ、レンズ、ディスプレイなどを提案する。展示製品の詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■CINEMA EOS SYETEM
●デジタルシネマカメラ

  • EOS C700
  • EOS C300 Mark II
  • EOS C200/EOS C200B
  • EOS C100 Mark II

●EFシネマレンズ

  • CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S
  • CN20×50 IAS H
  • CN7×17 KAS Sほか

■業務用デジタルビデオカメラ

  • XF405/XF400
  • XA15/XA11

■デジタル一眼レフカメラ

  • EOS 1D X Mark II
  • EOS 5D Mark IV

■ディスプレイ

  • DP-V3010
  • DP-V2420
  • DP-V2411
  • DP-V2410
  • DP-V1710

■4K放送用フィールドズームレンズ

  • UHD-DIGISUPER 86
  • UHD-DIGISUPER 90

■プロジェクター■その他

  • 多目的カメラ(ME20F-SH)
  • 8Kビデオカメラ/レンズ/ディスプレイ
  • 自由視点映像生成システム
  • 多目的モジュールカメラ(MM100-WS)
  • 約2.5億画素CMOS センサーなど

元の記事を読む




こんな記事もよく読まれています