サイバーリンク、360度VRビデオの手振れを補正するAdobe Premiere Pro、After Effects用プラグインを発表 – VR Inside



360度VRビデオの手振れを補正するAdobe Premiere Pro、After Effects用プラグインを発表

CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク) は、Adobe Premiere Pro と After Effects 用のプラグイン CyberLink VR スタビライザー を発表した。

360度ビデオの手振れを補正するAdobe Premiere Pro、After Effects用プラグインを発表

本プラグインは、最新版 PowerDirector 16 の 360 度ビデオの手ぶれを分析するスマートなアルゴリズムを搭載し、プロフェッショナル向けの編集ソフトウェアに高精度な手ぶれ補正機能を提供する。

CyberLink VR スタビライザーはかんたんかつすばやく 360 度 ビデオの手ぶれ補正を行ってくれるため、作業時間を大幅に節約することが可能。

CyberLink VR スタビライザー は Adobe Premiere Pro と After Effects に対応し、2つのシンプルなパラメーターを調整するだけで、進化した分析アルゴリズムで 360 度ビデオの手ぶれを補正する。

本プラグインはキーフレームもサポートし、360度ビデオの傾き・回転を補正したり、注目させたい部分に視点を持ってくることができるとのこと。

VR コンテンツのクリエーターにとって、360 度カメラは VR コンテンツをすばやく撮影できるツールですが、手ぶれによって安定しない映像になってしまうことが多く、今まで補正のための編集には、コストと時間がかかっていた。

サイバーリンク会長 兼 最高経営責任者 (CEO) ジャウ・ホァン博士 (Dr. Jau Huang) は以下のようにコメントしている。

ジャウ・ホァン博士コメント(原文のまま)

「VR ヘッドセットの価格低下に伴い、 プロのクリエーターは 360 度ビデオを作品のメディアとして活用しようと検討しています。私たちは サイバーリンクの直感的な編集の体験を、プロクリエーターの使い慣れた編集ツールを使ってスムーズに、低コストで導入できるようにしたいと考えています。」

CyberLink VR スタビライザー について

CyberLink VR スタビライザー は 以下の Windows 版の Adobe 製品に対応:

Adobe Premiere Pro CC 2017 以降

Adobe After Effects CC 2017 以降

本プラグインは本日より サイバーリンクオンラインストア と Adobe Exchange から買い求めることが可能。

サイバーリンクオンラインストア

https://jp.cyberlink.com/store/adobe-plug-in/buy.html

Adobe Exchange

https://exchange.adobe.com/addons/products/20209

販売価格

CyberLink VR スタビライザー: 19,980円(税込み)

サイバーリンク株式会社について

サイバーリンク社は 1996 年に設立。

PC 上で作動するデジタルマルチメディア分野での世界的リーダーであり、パイオニアである。

優秀なソフトウエアエンジニアらにより、コーデックを中心とする多数の特許に裏付けられた技術を所有している。

今日、サイバーリンクは世界をリードする PC メーカーへの高い技術の提供、迅速な製品化への貢献にてその名声を築いた。

我々のビジネスパートナーは、IT 産業のリーダーとなる PC メーカー、ドライブメーカー、グラフィックスカードメーカー等。

サイバーリンクのソフトウエア

サイバーリンクは PC を初めて扱う方からエキスパートまで、デジタルメディアをかんたんな操作で扱えるソフトウエアを提供するため、4 つのテーマ(概念)を掲げている。

クリエイト(創造) ビデオカメラで撮影した映像を使ってプロレベルの編集を可能にする。

(PowerDirector シリーズ)

プレイ(再生) Blu-ray、DVD、動画ファイルなどのあらゆるメディアを再生する。(PowerDVD シリーズ)

モバイル Android、iOS、Windows 10 対応再生 & 編集アプリの開発と提供をしている。

クラウド PC とデバイス間で動画、写真、音楽を同期したり、ビデオや写真の編集プロジェクト、テンプレートを安全にバックアップする。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。




こんな記事もよく読まれています