パナソニックのCES 2018プレスカンファレンス – 100年の歴史と、この先の100年 – ニコニコニュース



●新製品の注目株は有機ELテレビ
パナソニックは、米ラスベガスで開催されたCES 2018の同社メインブースにおいて、家電製品の展示を一切行わなかった。

CES 2018の会場で取材に応じたパナソニックの津賀一宏社長は、「他社のブースを見ると、まだ家電を中心に展示をしており、パナソニックだけが家電の展示がなかったことには、むしろ驚いた。パナソニックは、ユニークな存在になったともいえる」としながらも、「2013年1月のCESオープニングキーノートにおいて、パナソニックは、テレビだけの会社ではなく、BtoB領域にも全面的にシフトすると私が話をした。以来、それを体現するために、パナソニックブースから、できるだけ家電製品を減らしていくことに取り組んだ。メインブースでは家電でなく、BtoBや、オートモーティブを展示するというポリシーでやっている」と語る。

だが、完全に家電製品の展示を行わなかったわけではない。

パナソニックはCES 2018の会期中に、MGM GRANDホテルに特別ブースを用意。来場者を限定しながらも、そこに家電製品の展示を行い、商談などを行っていた。また、1月8日(現地時間)に行ったプレスカンファレンスにおいても、米パナソニック コンシューマ エレクトロニクスのマイケル・モスコウィッツ社長が登壇して、4K有機ELテレビやUltra HDブルーレイプレーヤー、そして、テクニクスブランドのターンテーブルなどの新製品を発表してみせた。

プレスカンファレンスで、モスコウィッツ社長は、「家電事業は、パナソニックの100年の歴史において、重要な製品であり、そのイノベーションに対しても、深くコミットメントをしている」と、家電事業の重要性を示してみせた。

○有機ELテレビに自信

パナソニックが発表した新製品のなかで注目を集めたのが、有機ELテレビ「FZ950シリーズ」、「FZ800シリーズ」である。いずれも、55型、65型の製品を用意。欧州で6月から発売するとした。日本での発売は未定だが、これまでも有機ELテレビの新製品は、欧州での発売後に日本でも発売されていることを考えると、国内発売が検討されていることは明らかだろう。

新製品では、暗めのシーンと明るめのシーンで、それぞれに最適化した3D-LUT(ルックアップテーブル)を採用したことで、シーンに応じて最適な設定を適用。色とコントラストの表現力をさらに高めて、映画制作者の意図をより正確に再現するという。また、FZ950シリーズのサウンド面は、テクニクスの音響技術を採用した「Tuned by Technics」とし、低音域の表現力を強化した。

米パナソニック コンシューマ エレクトロニクスのモスコウィッツ社長は、「パナソニックは、66年前に17インチの白黒テレビを発売して以来、リビングルームのテレビ視聴を進化させ続けてきた。新たな製品は、『Bringing Hollywood to Your Home』を実現するものであり、家庭における映画体験を最高にするテレビである」とした。

また、過去3年間にわたり、ハリウッドのカラーリストと緊密に連携し、クリエイターの制作意図を反映した色再現にこだわっていることや、ハリウッドではパナソニックのディスプレイが、リファレンスモニターとして使用されていることなどを説明。

「FZ950シリーズおよびFZ850シリーズには、ハリウッドの映像ノウハウを反映した新たなHCXビデオプロセッサを採用している。FZ950シリーズには、テクニクスのブレードスピーカーを採用しており、最高の画質と最高の音質の両方を提供する」と胸を張った。

FZ950シリーズおよびFZ850シリーズは、HDR 10+に対応している。HDR 10+には、これまでのパナソニック、サムスン、20世紀フォックスの参加に加えて、新たにワーナープラザーズとAmazon Prime Videoが加わったことも発表した。

●ビジュアルとサウンドは?
続いて発表したのが、Ultra HDブルーレイプレーヤー「DP-UB820」、「DP-UB420」、「DP-UB330/320」だ。UB420/330/320は、欧州向けに4月に発売。UB820は5月から欧州で発売する予定となっている。

パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った映像処理技術を応用、新開発した4K対応エンジン「HCX(Hollywood Cinema Experience) Processor」を搭載したことで、さらなる高画質化を実現。高輝度部の色や階調を最適化する新機能「HDRオプティマイザー」を搭載することで、安定したHDR画質での再生が可能になったという。

「HDRの最新技術を採用したことで、究極の『Hollywood at the home』を実現することになる。高まる4Kコンテンツの需要に対応した」と述べた。

2017年秋のIFAで発表されたスマートスピーカー「GA-10」にも触れた。「パナソニックは、AmazonやGoogleといった企業と新しい関係を構築している。家庭における新たな市場創出に向けて、パナソニックの技術を補完する技術になる」とし、スマートスピーカーを通じて、天気予報やニュース、音楽などを体験できること紹介。「現在の音声アシスタントにおいて不足しているのは音質。パナソニックは、ユーザーのリスニング体験を向上させることができる」と強調した。

テクニクスブランドの製品では、ターンテーブルとして「SP-10R」および「SL-1000R」を発売。欧米で今春から発売するという。日本での発売も見込まれている。

SP-10Rは、IFAで発表されたハイエンドターンテーブルで、トルクを強化した新開発コアレス・ダイレクトドライブモーターを搭載。比重の大きいタングステン製のウェイトを配置することで、慣性質量を約1トン/cmまで高めたプラッターを強力なモーターで駆動することで、世界最高レベルの回転安定性を実現した。SL-1000Rは、SP-10Rをベースに、ターンテーブルシステムとして展開する製品で、軽量で高減衰特性を持つマグネシウムパイプを用いた高感度トーンアームを採用している。

「パナソニックが、世界初のダイレクトドライブターンテーブルを採用したのが1970年。その後、多くのメーカーがこの技術を採用し、業界標準になった。新たなターンテーブルは、この伝統を継承するとともに、現代的な美しさを兼ね備え、オーディオの新しい基準を作ることになる」と語った。

●デジタルカメラとビデオカメラ
デジタルカメラでは、ミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5S」を、2018年2月から欧米で発売することを発表した(1月11日に日本でも正式発表、1月25日に30万円前後で発売)。

GH5Sはプロフェッショナルユースをターゲットとし、新開発の「デュアルネイティブISOテクノロジー」を採用した有効画素数10.2Mのイメージセンサーを搭載。暗部まで美しく描写することで、LUMIX史上最高の高感度画質を実現しているという。

世界初となるCinema4K/60p動画記録や、4:2:2 10bitでのCinema4K/30p動画撮影にも対応。ディープラーニング技術を用いた「人体認識」機能によって、後ろや横を向いた人物にも、しっかりとピントを合わせ続けることが可能になっている。

「LUMIX GH5Sは、LUMIXの歴史において、いままでにない光感度と最高のビデオ画質を実現した。暗い環境で撮影する場合に、ISOノイズの増加を心配せずに、撮影に集中できるようになる。また、4Kで60フレーム/秒を撮影する唯一のミラーレスカメラとなる。ビデオカメラマンとフォトカメラマンの両方を喜ばせることができる」と自信を見せた。

ビデオカメラでは、「HC-WXF1/VXF1」、「HC-VX1(4K)」、「HC-V800(FHD)」をそれぞれ発表した。いずれも欧米で今年春から発売する予定だ。

新開発の1/2.5インチBSI MOSセンサーと、F1.8のライカディコマーレンズを組み合わせることにより、低照度性能を大幅に向上。レンズの構成には、独自の「4ドライブレンズシステム」を採用することで、小型なボディながらも、広角25mm、光学24倍ズームを実現しているのが特徴だ。

手ぶれ補正には、新開発の「Ball O.I.S」を採用しており、微小な手ぶれまでを高精度に補正できるという。また、撮影する姿勢や条件などによって補正方法を自動的に切り変える手ぶれ補正機能「Adaptive O.I.S」も新たに搭載しており、より鮮明な撮影が可能になった。「新しいカムコーダーは、先進のレンズとセンサー技術に加えて、新しいボディデザインが特徴。いままで以上に優れた画質を提供する」などと述べた。
○パナソニック、これからの100年

プレスカンファレンスの最後に、米パナソニック コンシューマ エレクトロニクスのモスコウィッツ社長は、パナソニックが取り組む「Home X」についても説明した。

「パナソニックは、コンシューマテクノロジーに、100年にわたって投資を続けてきた。そして、未来の技術を採用し続けてきた。これから先、100年の旅路においても、それは変わらない。ユーザーの生活の変化に合わせた進化を続けてきたが、今後は、家庭での生活を再定義していくことになる。これがHome Xであり、パナソニックが、次世代の経験を革新し、創造することになる」と語った。

Home Xは、シリコンバレーでスタートしているプロジェクトで、ビジネスイノベーション本部が主体となって取り組む未来の住空間プロジェクトだ。白物家電、黒物家電、住設、住宅を組み合わせて、未来の住空間環境に向けたサービスを提供することになる。まだ具体的な姿が明らかにはなっていないHome Xだが、今後、どんな形で、Home Xが形になっていくのかに注目が集まる。
(大河原克行)



画像提供:マイナビニュース

こんな記事もよく読まれています