LogicLinks、スマホゲームのカウントフリーオプションを導入したMVNOサービスを展開



ニコニコ超会議2017のステージで発表。登壇したLogicLinks代表取締役の春田康一氏(右)と、司会を務めた声優の加藤英美里さん(左)

ニコニコ超会議2017のステージで発表。登壇したLogicLinks代表取締役の春田康一氏(右)と、司会を務めた声優の加藤英美里さん(左)

 LogicLinksは4月30日、MVNO事業に参入することを発表。MVNOサービス「LinksMate」を7月1日から提供を開始する。ゲームプレーヤーに向けたデータ通信を提供するサービスと位置づけ、スマートフォン向けゲームアプリを中心としたカウントフリーオプションを導入しているのが特徴となっている。また発表にあわせて先行会員登録の受付を開始した。

 LinksMateの料金プランはデータ通信容量別に4種類のプランが用意され、5Gバイトプランの月額税別1500円からとなっている。音声通話機能オプションは月額税別600円で、ドコモ回線での電話が可能となる。ほかにもSMS機能は標準搭載し、すべてのプランにおいて、通信容量のシェアを可能としている。

 カウントフリーオプションは月額税別500円で、2017年内はキャンペーンとして無料で利用可能。対象のゲームやコンテンツ、SNSのデータ通信量の90%以上をカウントせずに利用できるという。対象のゲームタイトルは今後配信予定のものも含めて、4月30日時点で11タイトル。ゲーム以外でもTwitterとFacebookといったSNSや、動画配信サービスのAbemaTV、音楽配信サービスのAWAも対象としている。AppStoreやGooglePlayについては、対象となるアプリのダウンロードやアップデート、決済に関する通信量がカウントの対象となる。

 またカウントフリーオプションによってゲームと連携による特典や、毎月プレゼントされる利用特典、10Gバイト以上のプランでもらえる「スター」を貯めることによってもらえるプレゼントなども用意されている。




こんな記事もよく読まれています