超歌舞伎新作やリアルSUMOU、ジャパリパークも–写真で見る「ニコニコ超会議2017」

 会場内の様子。終始混雑しており、行き来が困難になる箇所も見受けられた。

 会場内の様子。終始混雑しており、行き来が困難になる箇所も見受けられた。

 4月29日と30日の2日間、幕張メッセにて大型イベント「ニコニコ超会議2017」が行われている。「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトとして例年行われているイベントで、今回で6回目。

 定番の「歌ってみた」や「踊ってみた」、「演奏してみた」などをはじめ、多種多様な展示物や体験型のものまでさまざまなブースが出展していた。

 2016年は実施されなかった大相撲特別巡業「大相撲超会議場所」が復活。多様な取組が行われたほか、ニコニコならではの「リアルSUMOU」も実施。中村獅童さんと初音ミクとの共演で、歌舞伎のアナログ的な演出と、最新鋭のデジタル技術による演出が融合した「超歌舞伎」も、新作「花街詞合鏡」(くるわことばあわせかがみ)を披露。場内は大いに盛り上がっていた。

 30年目を迎えた「ロボットコンテスト」(ロボコン)のブースでも、過去の名作ロボットたちが登場。JAL(日本航空)ブースでは、日本初のジェット旅客機「FUJI号」の機首を展示。AR技術を活用して初音ミクと散歩しているような気分が味わえる「ミク☆さんぽ」や、アニメ「けものフレンズ」の“ジャパリパークさばんなちほー”をだいたい再現し、限られて時間で自由に楽しめるエリアが設けられるなど、多種多様のブースが設置。著名人も数多く来場するなど見どころが多いものとなっていた。この記事では会場の様子や注目どころをピックアップする形でお届けする。


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す