ミクシィが作るのはゲームじゃない バーベキュー空間だ(日経トレンディネット)



意外性で話題をもたらした「XFLAG PARK」

――まず、2016年を振り返って、ミクシィのゲームビジネスにとってどんな1年でしたか?

木村弘毅氏(以下、木村氏): そもそも僕らは“ゲーム”と表現してはいるものの、ゲームを作っているという意識がないんです。例えば、『モンスターストライク』(モンスト)が満たしているニーズは、バーベキューのようにみんなが集まってワイワイ盛り上がることであり、われわれはそうした空間をプロデュースしているにすぎない。競合はカラオケボックスや居酒屋などもあり得ると考えているくらいですから。

 なのでゲームを1人で消費してもらうのではなく、みんなで集まる空間にフォーカスして力を注いできた1年だったのかなと思います。そのためには「こんな手できたのか」という驚きを作り続ける必要がありますし、話題になることで遊びの空間を醸成することにつながると思っています。

――具体的には、どのような取り組みに力を入れたのでしょう?

木村氏: 大きく挙げるとしたら3つ。『モンスターストライク』(モンスト)のアニメと映画、そしてリアルイベントの「XFLAG PARK」ですね。特にアニメは2015年から配信を開始していますが、2016年に軌道に乗ったと感じています。アニメを見ることで、ゲームをプレーしているときにも、「こういうキャラクターにこういう背景があったんだ」という話題が作れることは大きいです。

 空間プロデュースという側面でいうと、XFLAG PARKは一定の成功を収めたと感じています。サーカスのようなパフォーマンスやロックバンドのライブ、オーケストラのコンサートなど、ゲームの世界観をモチーフにしながらも、ゲームに直結しない新しいショーで構築し、それが話題性につながりました。

――なぜ、XFLAG PARKをそのようなイベントとして展開するに至ったのでしょう?

木村氏: 場に集まって家族や友達がワイワイ盛り上がってほしいからですね。ゲームにあまり興味がない人を誘ってもおかしくないエンターテインメントショーに仕立て上げたかったんです。実際、XFLAG PARKは招待制を採りましたが、1人よりも家族や友達などの親しい人と一緒に来てもらいたいという思いから、招待者自身が仲間を1人招待できる権利を付与しました。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています