ビジネスパンツに革命か “前ポケット4つ”のほうが快適なワケ(日経トレンディネット)



「すわるパンツ」はポケットの革命だ

 「すわるパンツ」は、その名前の通り、座ったときにより快適に感じるパンツだ。私たちの多くは、仕事のとき、立っている時間よりも座っている時間のほうが長いのではないだろうか。少なくとも、文章を書くことを仕事にしている筆者は、仕事のほとんどの時間を座って過ごしている。

 しかし、“座ったときを快適にするパンツ”というものは今まで見たことがなかった。家の中でくつろぐためのパンツはあった。しかし、その格好で仕事には行けないし、仕事をするためのパンツとなると、一般的なスラックスなどに落ち着く。

 もちろん、体に合うサイズ、季節に合う生地のパンツを選べば、立っても座っても、それなりに快適に仕事ができる。しかし、その状態でも気になるのがポケットの問題だ。後部の「尻ポケット」は座って作業する場合は使えないし、前ポケットに入れたものは座った状態だと出し入れしにくい。

 電車などで、座った後でスマホをポケットから取り出そうとして四苦八苦している人をよく見かけるが、あれも、座った状態だとポケットの中にアクセスしにくいからだ。

 ジーンズなどの作業パンツの場合、尻ポケットの有用性は分かる。同じくカーゴパンツのように、道具をたくさんポケットに入れた状態で作業する人のためのパンツというのも、パンツのイノベーションだったと思う。しかし、それらはすべて「立ち仕事」のためのパンツなのだ。

 スラックスが、作業用パンツをそのまま踏襲したようなポケットを持っているのは、おそらく、スーツを着ていても仕事の多くは立ち仕事だった時代が長かったからだろう。そして、座り仕事が増えることで発生した少しの不便がそういうものとして見過ごされ、放置されたままとなっている。

 ということで、ようやく登場したのが、座った状態でポケットのモノの出し入れがしやすく、座った状態でポケットの中のモノが邪魔にならない「すわるパンツ」だ。

 座ったときに邪魔にならないように、尻ポケットはない。その代わり、前ポケットが上下2段になっていて、4カ所にモノを分けて入れられるようになっている。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています