Twitter 人型の新デフォルトアイコンを公表



性別などのイメージに汎用性を持たせたユニバーサルデザイン

2017年04月03日 16時30分更新

文● 天野透


 Twitter Japanは3月31日、新規アカウント作成時のデフォルトアイコンを人型に変更したと公式ブログで明らかにした。新しいデフォルトアイコンはイメージの汎用性を目指したユニバーサルデザインとなっており、性別やそのほかの印象を低減させる調整が施されている。

人型の新デフォルトアイコン

 Twitterは2010年から採用されている卵型アイコンを「卵からスタートし、そこからかえった鳥がタイムラインにツイート(さえずり)をお届けする」ものとしている。しかし同社は2016年にブランドのリフレッシュを敢行しており、今回のアイコン変更は「自己表現をしたくなるプロフィールアイコンへの見直し」と位置付けていた。

歴代デフォルトアイコン。最初期はカバンと杖を持った英国紳士風の人型シルエットだった

 新デザインは汎用的や一時的などの要素を満たすことを基調とし、色や形などを決定したとする同社。調整段階ではトイレの標識を参考に肩幅や頭部の形状を整えて性別のニュートラル化を図り、調整されたグレーで「仮のプロフィールアイコン」であることを表現したと、公式ブログで説明している。

検討段階の新アイコン案一例。合計で40種類のデザインが検討された

トイレを示すアイコン。性別の一般化を図る際に参考にしたという

背景とシルエットのバリエーション

 また、迷惑行為目的のアカウントはデフォルトのままというケースが多いことも指摘しており、同社は「ぜひアイコンをご自分らしいものにしていただきたいと考えています」「この新しいプロフィールアイコンによって、Twitterの上でもっとたくさんの方々がご自分を表現してくださいますように!」とユーザーによる自己表現を呼びかけている。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています