スーパーOC仕様のRadeon RX 580がMSIから発売



MSI「Radeon RX 580 GAMING X+ 8G」

2017年05月12日 23時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 MSIから、オリジナルVGAクーラー「TWIN FROZR VI」を採用したRadeon RX 580搭載ビデオカード「Radeon RX 580 GAMING X+ 8G」が発売された。すでに発売中の「Radeon RX 580 GAMING X 8G」よりもさらにオーバークロックされたモデルだ。



オリジナルVGAクーラー「TWIN FROZR VI」を採用したRadeon RX 580搭載ビデオカード「Radeon RX 580 GAMING X+ 8G」。選別GPU採用のスーパーOCモデルだ

 「Radeon RX 580 GAMING X+ 8G」は、選別されたRadeon RX 580を採用した、スーパーオーバークロック仕様のビデオカード。「Radeon RX 580 GAMING X 8G」のブーストクロック1393MHz(OCモード)よりも、さらにOCチューンが施されている。



「Radeon RX 580 GAMING X 8G」との価格差は約2000円ほど。今ならどちらも購入できる

 主なスペックは、ブーストクロックが1441MHz(OCモード)、メモリークロックが8000MHzのオーバークロック仕様。搭載メモリーがGDDR5 8GB、出力インターフェースはDisplayPort1.4×2、HDMI2.0b×2、DVI-D×1、補助電源コネクターは8ピン+8ピン、基板の長さは279mm。

 価格は3万8664円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




こんな記事もよく読まれています