ASUS、3連ファンでOC対応のGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード




ASUS、3連ファンでOC対応のGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード

2017年4月2日 7:02掲載

ASUSTeK Computerは、ビデオカードの新モデルとして、「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」を発表。4月1日より発売する。

PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別設計を行った「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズで、NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したモデル。LEDでビデオカードを光らせる「Aura」機能を搭載しており、淡く明滅させたり、GPUの温度に応じて色を変更することも可能だ。

冷却面では、PCの拡張スロットを2.5スロット分占有する大型のクーラーを搭載し、冷却性能を向上させている。従来の2スロット占有タイプのクーラーと比べて、放熱フィンの面積を40%拡大しており、強力な冷却性能を実現した。

さらに、風圧を強める独自ブレードと、GPU温度が低いときにファン停止する独自ファン「ゼロノイズ」機能を搭載。ファンブレードの先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えることで、約2倍(105%)の風圧を実現し、低い回転数でも十分な冷却性能が得られるという。

主な仕様は、ベースクロックが1569MHz、ブーストクロックが1683MHz、データレートが11Gbps(メモリークロック11100MHz相当)、メモリーインターフェイス幅が352bit。ビデオメモリーはGDDR5Xで、容量が11GBとなる。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0×2、DVI-D×1を装備。補助電源コネクターは8ピン×2。カードサイズは2.5スロット占有タイプとなる。

市場想定価格は111,000円前後。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

グラフィックボード・ビデオカード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています