「マクロス」35周年、初代エース機が最新エース死神メッサー色でよみがえる



2017年9月発売予定「HI-METAL R VF-1S バルキリー(マクロス35周年記念メッサーカラーVer.)」(8,640円/税込)

バンダイが展開するフィギュアシリーズ「HI-METAL R」より、2017年10月に35周年を迎える『超時空要塞マクロス』を記念した特別企画として、「マクロス」シリーズ最新作『マクロスΔ』のエースパイロット・メッサー専用機のカラーリングをモチーフにしたVF-1S「HI-METAL R VF-1S バルキリー(マクロス35周年記念メッサーカラーVer.)」が2017年9月に発売されることが決定した。価格は8,640円(税込)。

「HI-METAL R」は、歴代『マクロス』作品に登場する可変戦闘機「バルキリー」の各機体を、1/100スケールの可変モデルとして商品化する歴史あるブランド「HI-METAL」シリーズの変形、マテリアル感を踏襲し、キャラクターの世界観をさらに広げる新シリーズ。「変形・ギミック」「複合マテリアル」を踏襲しながら、『マクロス』シリーズ、バルキリーに限らずさまざまな作品、キャラクターを立体化することを発表している。

この企画は、『超時空要塞マクロス』の35周年を記念し、1作目のエース機体に最新作のエースパイロットのカラーリングをまとわせるというメモリアルなもの。もちろん、メッサー機ならではの死神のパーソナルマークも採用されている。35周年ロゴの入った専用台座が付属する。

(C)1982 ビックウエスト




こんな記事もよく読まれています