『ガンダム』ジム・キャノン、ジムの設計構造を流用して最新技術でアニメ再現

2017年9月発送予定「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RGC-80 ジム・キャノン ver. A.N.I.M.E.」(5,940円/税込)

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する機体を、その劇中の魅力を忠実に立体化したフィギュアシリーズ「ver.A.N.I.M.E.」より、「RGC-80 ジム・キャノン」が商品化。「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RGC-80 ジム・キャノン ver. A.N.I.M.E.」として現在プレミアムバンダイで予約がスタートしている。2017年9月発送予定で、価格は5,940円(税込)。

「ver. A.N.I.M.E.」はアニメ的な「プロポーションの再現」と劇中アクションを可能にする「新可動構造」、さらに立体の密度感とメカニック感を演出する「ディテール」を最新の技術で実現した「ROBOT魂」の新たなシリーズ。造形はもとより、新規ギミックやエフェクトパーツによる演出で人気を博している。

「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RGC-80 ジム・キャノン ver. A.N.I.M.E.」は、設定と同様にジムの設計構造を流用し、ガンキャノンの簡易量産機として最新技術で商品化。キャノンの予備マガジンを腰部に装着できるなど、新たなギミックも備えている。また、リアルマーキングシールが付属し、複数そろえると編隊構成も可能となっている。

セット内容は本体に加え、交換用手首左右各4種、交換用右手首指差し型1種、ビーム・スプレーガン、ビーム・スプレーガン発射エフェクト、ハイパー・バズーカ、キャノン砲予備マガジン、アフリカ戦線用キャノン砲交換パーツ、シールド、手首格納デッキ、リアルマーキングシール、各種ジョイント一式。

(C)創通・サンライズ


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す