[MD松尾のヒット解析]「COD」がV2達成、「ニード・フォー・スピード」は品薄 ポケモン新作に期待



 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 Z指定(18歳未満禁止)タイトルの「Call of Duty(COD):WWII」(PS4、SIE)がV2を達成。前回に引き続き好調で、20代を中心としたFPSファンの熱い支持を集めています。変わらず好調の「スーパーマリオ オデッセイ」(NS、任天堂)に続く3位は新作の「ニード・フォー・スピード ペイバック」(PS4、エレクトロニック・アーツ)。予想以上の売れ行きで一部では欠品しているほど。「グランツーリスモSPORT」(同、SIE)が発売されたばかりですが、ゲーム性の違いからあまり影響はなかった模様。40代のユーザーも多い「グランツーリスモ」に対し、こちらは20代を中心とした若い層の支持を集めています。

 ◇今週の動き

 人気シリーズ期待の新作「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(3DS、ポケモン)が、ダブルパックを含め上位3位を独占するでしょう。これまでの伝説ポケモンが勢ぞろいするほか、歴代のボスも集結とまさに集大成といえるタイトルで、大いに期待しています。続くのは「スター・ウォーズ バトルフロント2」(PS4、エレクトロニック・アーツ)あたりか。「ドラゴンクエスト10 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン」(WiiU、NS、PS4、スクウェア・エニックス)も予約が好調で、3ハード分の予約を合計すると、「スター・ウォーズ バトルフロント2」を上回るほどで、こちらも注目です。

 ◇ランキングは次の通り(11月6日~12日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 Call of Duty:WWII(PS4)

2位 スーパーマリオ オデッセイ(NS)

3位 ニード・フォー・スピード ペイバック(PS4)

4位 スプラトゥーン2(NS)

5位 ARK:Survival Evolved(PS4)

6位 アサシン クリード オリジンズ(PS4)

7位 Girls Mode 4 スター☆スタイリスト(3DS)

8位 .hack//G.U. Last Recode(PS4)

9位 マリオカート8 デラックス(NS)

10位 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています