オカヤイヅミ「おあとがよろしいようで」刊行記念して春日太一とトーク



「おあとがよろしいようで」帯付き

オカヤイヅミの単行本「おあとがよろしいようで」が発売されたことを記念して、東京・下北沢の本屋B&Bにて4月29日にトークイベントが開催される。

トークイベントにはオカヤと「おあとがよろしいようで」にも登場していた春日太一がゲストで出演。当日はマンガのテーマになっていた「最後の晩餐」についてを中心に、オカヤが恐れている死ぬことについてや、ものを書くという行為についても語り合う。チケットは1ドリンク代込み2000円で、予約はPassMarketにて受け付け中。

「おあとがよろしいようで」はオカヤがさまざまな作家のもとを訪れ、人生の最後に食べたいものを尋ねて回るエッセイ作品。死ぬことが何もよりも怖く、食べることがとても好きなオカヤが、食べ物のことを考えて恐怖を和らげられないかと考えたことからマンガは始まる。

オカヤイヅミ×春日太一「死ぬ前に、何を食べたい?」

日時:2017年4月29日(土)15:00~17:00
会場:B&B
料金:1500円(ドリンク代別途必要)


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています