「恋愛暴君」先行上映会で青山吉能「グリと一緒にネジ外して観て」とアピール



左から長野佑紀、沼倉愛美、青山吉能、原由実、大坪由佳。 (c)三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会

三星めがね原作によるテレビアニメ「恋愛暴君」第1話の先行上映会が、去る4月2日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された。

先行上映会後にはグリ役の青山吉能、緋山茜役の沼倉愛美、黄蝶ヶ崎柚役の長野佑紀、白峰樒役の原由実、椎名茉莉役の大坪由佳によるトークショーを実施。青山、沼倉、長野はそれぞれが演じるキャラクターをイメージした衣装を、原はキャラクターと同タイプの眼鏡を着用し登場した。

青山は同作の1話について、「何年目だよって発言ですが、自分の声が画面から聞こえるのは感慨深いです。アフレコ前は緊張していたんですが、みなさんが優しくしてくださって、ほろりとなったりして。自分を奮い立たせるような1話になりました」と思いを吐露。また青山が「1話から展開が早くて、疾走感がすごい」とコメントすると、沼倉も「お客さんがついてこれるかなっていうくらい展開が早いし、テンションが高い。SEとかBGMと一緒に聞くと、ハチャメチャ。リアルタイムで観たら眠れなくなるんじゃないかな」と続けた。

アニメ作品で自分が声を当てたキャラクターを観るのは、本作が初めてだったという長野は、「(1話を観て)私もアニメに出られているんだという実感がありました」と緊張の面持ちで語る。この日「恋愛暴君」関連のイベントに初めて参加した原は、自身が演じる樒について「人を痛めつけるのも、人に痛めつけられるのも好きで、恐ろしい子ではありますが、素直な一面も垣間見えたりするので、ただ怖いんだなと思うだけじゃなく、深い部分も知ってほしい」と説明した。

その後「初めて会った際の互いの印象は?」「演じるキャラクターと自身の共通点は?」など、事前に寄せられた質問に出演者が答えるコーナに。自身とグリの共通点について、マネージャーに尋ねたという青山は「『グリって不死身で死なないけど、それと同じで青山さんってなに言われてもダメージ0って感じだよね』って言われて。それ褒められてるのかな?」と若干納得のいかない様子。沼倉はヤンデレの気があり、小野賢章演じる青司が絡むと、愛が爆発して人を刺してしまうという茜との共通点について、「ノーコメントです(笑)」としながらも、「演じていて、私も結構嫉妬深いかもと思いました」と回答する。これを受け長野が「私も嫉妬深いところは柚ちゃんと似ていると思います」と述べると、沼倉は「やっぱり(茜と柚は)姉妹だね」とつぶやいた。

自身が所属するユニット・smileY inc.が手がけるエンディングテーマについて、大坪は「展開が早くてテンションが高いアニメなので、浄化エンディングになれるようにがんばったつもりです。楽しみにしていてください」とメッセージを送る。最後に青山は「改めて1話を観ると『グリって最初はこんなに落ち着いていたんだ』と思いました。グリは2話、3話、4話って重ねていく中で、どんどんぶっ壊れていくというか、ネジが外れていきます。まだまだ可能性を秘めた子なので、深夜の時間ですがグリと一緒にネジを外していただければ」とアピールした。

「恋愛暴君」は任意の2人を強制的にキスさせるというアイテムをもった天使・グリと、男子高校生の青司、青司のことが大好きなヤンデレの女子高生・茜を軸に描くラブコメディ。アニメは4月6日のテレビ東京での放送を皮切りに、BSジャパン、AT-Xでも順次オンエアされる。

(c)三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています