山岸凉子展が京都に巡回、「日出処の天子」の原画約30点を新規展示



「日出処の天子」イラスト。 (c)山岸凉子

山岸凉子の画業を振り返る展覧会「山岸凉子展『光ーてらすー』ーメタモルフォーゼの世界ー」が、5月27日から9月3日まで京都・京都国際マンガミュージアムにて開催される。

これは2016年9月に東京・弥生美術館で行われた展覧会の巡回展。会場にはデビュー当時の作品から、モーニング(講談社)にて連載中の最新作「レベレーション(啓示)」までの原画約200点が展示される。さらに今回は、「日出処の天子」の新規出展原画も30点以上お目見え。

また会期中はイベントも実施。4月から京都国際マンガミュージアムの新館長に就任した荒俣宏よる講演会「荒俣館長が語る!山岸凉子の世界」や、京都国際マンガミュージアムの研究員・倉持佳代子によるオープニングギャラリートークが開催される。

「山岸凉子展『光ーてらすー』ーメタモルフォーゼの世界ー」

会期:前期/2017年5月27日(土)~6月27日(火)、中期/6月29日(木)~8月1日(火)、後期/8月3日(木)~9月3日(日)※水曜休館(8月9日、16日は開館)
時間:10:00~18:00(最終入場は17:30)
会場:京都国際マンガミュージアム2階ギャラリー1・23
料金:無料(ミュージアム入場料:大人800円、中高生300円、小学生100円は別途必要)

講演会「荒俣館長が語る!山岸凉子の世界」

日時:会期中の土日祝のいずれかで開催予定
場所:京都国際マンガミュージアム1階多目的映像ホール
料金:無料(ミュージアム入場料:大人800円、中高生300円、小学生100円は別途必要)
講師:荒俣宏(京都国際マンガミュージアム館長)
定員:200名(先着順)
参加方法:事前申込不要
※当日10時からミュージアム館内にて整理券を配布。

オープニングギャラリートーク

日時:2017年5月27日(土)11:00~、14:30~
場所:展覧会場入口集合
料金:無料(ミュージアム入場料:大人800円、中高生300円、小学生100円は別途必要)
定員:各20名
参加方法:事前申込不要

(c)山岸凉子


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています