劇場版『進撃の巨人』Season2、初日舞台挨拶にキャスト&監督が登壇



2018年1月13日(土)より全国公開がスタートした「劇場版『進撃の巨人』Season2~覚醒の咆哮~」の公開記念舞台挨拶が、公開初日となる1月13日に東京・新宿バルト9にて行われた。

舞台挨拶にはエレン・イェーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、ライナー・ブラウン役の細谷佳正、ベルトルト・フーバー役の橋詰知久、そして肥塚正史監督が登壇し、映画の見どころや撮影時のエピソードなどを語った。

映画の最後には、2018年7月より放送のTVアニメ『進撃の巨人』Season3の新規カットが公開されたほか、舞台挨拶中にTVアニメ『進撃の巨人』Season3の第二弾キービジュアルが初解禁となり、会場からは歓声が上がったが、新ビジュアルにエレンが映っていないことに対して梶が、「これエレンいないですよね?監督、説明してもらっていいですか?」と肥塚監督に冗談交じりに詰め寄り、笑いを誘った。

劇場版のヒット祈願として、巨人絵馬に2018年の抱負を書くコーナーでは、梶が「駆逐してやる!!」と力強く書き込み、「僕にとって進撃の巨人とエレンという役はライフワークみたいなところがあるので、これからも駆逐していきたい」と語り、客席からは拍手が起こった。石川は「馬に乗る!!」と綴り、作中だけでなくリアルでも馬に乗ってみたかったことを明かした。「外の世界へ」と書いた井上は「私は基本的にインドア派なので、家の外へ出よう、壁を超えて行こう(笑)、世界に向けて進撃の巨人を広めていきたいです」と語った。

そんななか細谷は「クズの役を演りたい。」と綴り「クズの役を演りたいと常々思っておりまして……結婚詐欺師のような」とコメントして会場に笑いが起こった。一方「裏切りたくない!」と書いた橋詰は、「作品の中で嘘をついていたからこそプライベートでは紳士に向き合いたい」と語り、昨年は作品の展開に辛い思いもあったことを明かした。そして肥塚監督は「Season3成功!」と綴り、「夏に向けて頑張って作っているので、皆さん楽しみに待っていて下さい」とトークを締めくくった。

最後に梶が、「Season2の劇場版を皮切りに、今年7月に放送のSeason3にうまく流れをつないでいけたらと思います。引き続きこの作品を応援していただけたらと思っております」と挨拶。そして観客総立ちの「心臓を捧げよ」のコール&レスポンスで舞台挨拶は締めくくられた。

「劇場版『進撃の巨人』Season2~覚醒の咆哮~」は、全国公開中。各詳細は公式サイトにて。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会




こんな記事もよく読まれています