新宝くじ「ビンゴ5」とは? 当選確率や攻略法を解説



2017年4月3日から新しい数字選択式宝くじ「ビンゴ5」が発売開始

2013年4月、それまでの数字選択式宝くじ、ナンバーズ3、ナンバーズ4、ミニロト、そしてロト6に加え、ロト7という高額賞金が魅力の数字選択式宝くじが発売されました。……あれから4年、数字選択式宝くじに新しい仲間が加わることに。その名も「ビンゴ5」

「ビンゴ5」ロゴ

「ビンゴ5」ロゴ

ビンゴ5のイメージは、自分で数字を選べるビンゴ

「ビンゴ5」とはどのような数字選択式宝くじなのか? イメージとしては「自分で数字を選べるビンゴ」といったところです。

「ビンゴ5」申込カード

「ビンゴ5」申込カード

写真のように「ビンゴ5」には3×3のマスがあります。通常のビンゴはタテ、ヨコ、ナナメどれでも揃えば当たりですが、この「ビンゴ5」もタテ、ヨコ、ナナメどれでも揃えば末等が当たり。あとは揃ったライン数に応じて等級が上がっていく仕組みです(等級と当せん金見込みは以下の画像を参照)。

当せん条件と見込み当せん金

当せん条件と見込み当せん金

当選確率は高め? 「ビンゴ5」の遊び方を解説

次に遊び方。ビンゴ5は、先ほど紹介したように3×3で9つのマスがあるのですが、真ん中は「FREE(フリー)」。そう、ここは無条件で当たり。残りは8マスあり、1マスには5個の数字が書かれています。ここから1つ数字を選びます。これを8マスそれぞれから行ない、合計8個を選ぶわけです。 ちなみにタテ、ヨコ、ナナメでFREEを介するラインがありますが、これは1ラインあたりの組み合わせが5数字×5数字=25通り。つまり25分の1という当せん確率。

これまで数字選択式宝くじのなかで最も当てやすかったナンバーズ3ミニが100分の1、その4倍という確率です(これは1ラインあたりの計算なので、全ラインで換算すると7分の1まで高まります)。

どうです、ちょっと試してみたくなってきましたね?

抽せんは毎週水曜日、1口200円で1等は最高3,000万円

抽せんは原則、毎週水曜日に行なわれ、記念すべき第1回の抽せんは2017年4月5日(水)を予定しています。

なお、価格は1口200円。1等は最高で3,000万円で、ロト6やロト7のようなキャリーオーバーはありません。

買う人すべてがビギナーズラックのチャンスがある第1回抽せん、見逃す手はないと思いますよ。

【関連サイト】
ビンゴ5公式サイト




こんな記事もよく読まれています