スマホ害悪論を唱える年長者に異論 「勘で適当なこと言わないで」 – livedoor


速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。 ©杉山拓也/文藝春秋

おぐら 今月のはじめ、ユナイテッド航空が強制的に乗客を引きずり下ろしたニュースが、世界中に拡散しました。

速水 映像が生々しいよね。空港警官の暴力で顔が血まみれになって連れ出される様子は、近くにいた人がスマホで撮影してなかったらこれだけの炎上にはならなかった。

おぐら 被害者がアジア系で、ユナイテッド航空には日頃から人種偏見があったのでは? といった企業への不信感も炎上の要因になりました。

速水 一番こわいのは、映像がなかったら泣き寝入りしないといけなかったろうなってとこ。その想像力が働くから他人事ではないって思える。

おぐら 日常的なシチュエーションで、誰にでも起こりうるというのが、共感というか、炎上を生みましたよね。

速水 一方、いろいろなTwitter上のジョークがニュース番組でも取り上げられる時代だけど、「ユナイテッドが新クラス『ファイトクラブ』席を導入」(https://twitter.com/Reflog_18/status/851452978104082434)かっていうジョークがおもしろかった。

おぐら さらに、レギンスの女性たちを搭乗させなかったとか、結婚式に向かう新婚カップルを降ろしたとか、ユナイテッド航空が自ら火に薪をくべ続けていて、一種の大喜利状態ですよ。

速水 トランプの閣僚が誰もいなくなるのと、ユナイテッド航空の乗客が全員いなくなるのと、どっちが先かみたいなゲームになってきた。

おぐら まぁでも、これだけ盛り上がったとしても、根本的な解決がされる前に、人々は醒めちゃうんですよね。

速水 それはそうだろうと思うよ。数週間もすれば、ユナイテッド航空? なんだっけ? あぁ旅行先で急にエアーやホテルがキャンセルになって大変だったやつだっけ? 過剰な安売りチケットは怖いよねえ、みたいな話になってるでしょ。

おぐら それは「てるみくらぶ」です。すっかり忘れてましたよ。自転車操業だった格安旅行代理店「てるみくらぶ」が倒産して、旅行を直前でキャンセルされた人たちが騒いでると思ったら、旅行の途中だった人たちまで現地で放置され、自力で帰らないといけなくなったという。


てるみくらぶ ©時事通信社

速水 てるみくらぶが主催する企画旅行「ユナイテッド航空で行くシカゴの旅」とか、いま売り出したらホラーだよね。いまならサービスでナッツも付くよ、みたいな。

おぐら ナッツ・リターン! 大韓航空のオーナーの娘が、機内サービスのナッツに文句を付けて飛行機をUターンさせたことが大問題になったのは、もう3年前の話です。

速水 あの頃の韓国はまだ平和だったよね。朴槿恵前大統領は、更迭されて政界どころか、ヘタすりゃ娑婆にだってノーリターンなんだから。

おぐら 大統領を陰で操る黒幕とか、旅先から自力で帰還とか、まるでドラマかリアリティショーの設定みたいですよね。

速水 リアリティショーといえば、イギリスの放送局が、スコットランドのハイランドの荒野でサバイバル生活をさせる番組を不人気で中途打ち切りにした問題が話題になってた。

おぐら 打ち切りを知らされず、懸命に無人の奥地でサバイバル生活をしていたのに、まさかの放送されないという悲劇。それも1年間ですよ。
https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2017/mar/23/eden-reality-show-contestants-year-wilderness-no-one-watching

速水 でもさ、リアリティ番組が飽きられているのも仕方ないよね。トランプが大統領に就任する時代のスピードには勝てない。あと、クアラルンプールで金正男を殺した実行犯の女性たちも、リアリティ番組のいたずらを手伝って欲しいと言われて実行したということになっているしね。

おぐら ドッキリ番組に出演したつもりが、本物の殺人者になるって、フィクションの設定だったら、むしろ嘘くさい。僕らはいま、そういう現実に生きているんですよね。

両陛下お忍び散歩を「スマホ撮影」問題

速水 4月2日の朝に、天皇皇后両陛下が皇居の外をお忍びで散歩して話題になった件も触れておきたい。これも、もはや当然なんだろうけど、通りがかりの人たちが天皇の写真をスマホで撮影していたと。

おぐら はい。過去にも同じ問題が議論されていました。

速水 2014年に天皇皇后両陛下が栃木を訪れたとき、地元の女子高生がその写真をSNSにアップした問題。

おぐら いまの時代的に、そういう人が出てくるのは必然とはいえ、憤慨する人もいるでしょう。


天皇皇后両陛下 ©共同通信社

速水 ちなみに、宮内庁は「一般の方がブログなどで個人的に楽しむ分には制限などはしていないです」という答えを報道機関向けに出しているんだよね。

おぐら それは許されるんですね。

速水 もちろん、法的にはどうってことはない。むしろ、おもしろいのは、スマホで撮れる距離感の、庶民に親しまれる天皇像という位置づけであると、宮内庁が考えているんだという部分だろうね。天皇の在り方は、時代によって変わるんだって。ただ、撮る側としては、インスタでガンガンにフィルター加工したりするのは、ためらってしまうとかはありそう。

おぐら とはいえ、普通のデジカメならまだいいけど、スマホで撮るのはだめっていうのは、印象論でしかないですよね。

速水 個人の感覚でしかない。ちなみに、去年の「お言葉」のとき、テレビ局の技術の人たちは「陛下を映すのにズーム使うのか」って驚いてた。そんな見方もある。

おぐら ズームは失敬だと?

速水 ズームして画角を変えるのは、見てる側が飽きないようにする工夫でしょ。つまり、被写体が退屈だとズームで時間を持たせるということ。

おぐら あぁ……。そういう意図がなかったとは言い切れませんが、逆に「もっとアップで見せたい!」という好意的な心理かもしれませんけどね。

速水 スマホしかり、テクノロジーやメディアに対する世代差って、かなり根深いんだよ。

おぐら 無茶なスマホ弊害論を唱えるおじさんとかいますから。

速水 たとえば、どんなの?

おぐら 最近話題になったのでいうと、映画『君の名は。』と『ラ・ラ・ランド』への批判として「スマホを使い過ぎて、多くの人が知的な面で非常に怠惰になってきているのです」っていう主張とか。
http://diamond.jp/articles/-/119938

速水 スマホの弊害で、深い没頭ではなく、表面的な画面づくり優先の作品が増えている的なことか。

おぐら 記事では「個人的には、政府がスマホの利用時間を規制することが必要と思っています」とまで言っています。鑑賞態度や表現が変質した要因を、ここまでスマホに押し付けなくてもいいのになって。

速水 まあ確かに、それが本当にスマホのせいなのかどうかは怪しいね。とはいえ、ネットでは批判されても、世間ウケはする主張だろうな。

おぐら その“世間”っていうのも、テレビを見ながら「こんなくだらんものを」とか言ってたりするような、偏った世代ですよね。その世代は数が多いのと、社会の中心部にいて声も大きいので、それが世間の代弁みたいに思えちゃうだけで。


おぐらりゅうじ氏 ©杉山拓也/文藝春秋

速水 ちなみに、スマホ害悪論については、まともなメディア論としても研究はされているのね。有名なコンピューター学者のシーモア・パパートの元奥さんでもある心理学者のシェリー・タークルが書いた『一緒にいてもスマホ』という本とか。

おぐら いいタイトルですね。スマホに寄り添っている感じなのに、嫌味にも聞こえる。

速水 メディア論というよりも心理学。いつ鳴るかわからないスマホがテーブルにあるだけでも人の会話に影響を与えて、会話は細切れになる。寸断された会話は、結論まで行かずに途中で萎えちゃいがちだから、当然中身はなくなるよって。

おぐら 中身がない会話って、だめですか? 結論とか別にどうでもいい話も必要ですよ。

速水 まあ、ノーリターン、引き返せない道だし、誰も今さらスマホは手放せないとは思うけど。

おぐら たとえば、飲みの席ではすごく静かな人が、ツイッターだと別人格のように饒舌だったりするじゃないですか。この業界でいえば、会話やインタビューはいまいちだけど、評論の書き原稿は抜群っていう人がいる。それはそれで、立派な能力だと思います。

速水 シェリー・タークルの結論は、会話中はスマホを排除する工夫が必要になるだろうというものなのね。人は、失われつつある濃密な会話を捨てるなと。


速水健朗氏 ©杉山拓也/文藝春秋

おぐら 対面の会話が上手なのって、人間性のごく一部ですよ。嫌なやつが一人いたせいで盛り上がらなかった場があったとして、終わったあとに「あいつマジうざかったね」とかって、LINEのグループでは膨大な数の言葉が驚くべきスピードで交わされていたりする。そういう重層的なコミュニケーションも評価していいと思います。むしろ、スマホは画期的な会話断絶ツールとして利用されてます。

速水 会話にはむしろ断絶が重要ってこと?

おぐら このご時世、話を合わせるよりも、切り上げるほうがよっぽど難しいじゃないですか。だったら、スマホのせいにして断絶したほうが効率的だって考える人もいるでしょう。

速水 それ楽しい?

おぐら 楽しくはないですけど、濃密な会話が成立しないのは、単純に「あなたとは話したくない」「あなたの話はつまらない」っていう場合もあって、それはスマホのせいじゃないよっていう話です。なんでもかんでも新しいツールのせいにしないで、自分に原因があるのかもって考えてもいいのでは。

速水 現代のコミュニケーションにおいては、接続よりも断絶が大事って重要な指摘として聞いておくよ。

おぐら とくに年長者に対しては、10代からスマホを使っているネイティブ世代と比べて、スマホと触れ合う密度も頻度も劣っていて、使いこなせてもいないのに、勘で適当なこと言わないでくださいって言いたいです。

なぜ『テラスハウス』はスマホをいじらないのか?

おぐら そもそもSNS時代になって、人間関係は濃密になり過ぎてませんか? ツイッターやインスタで知り合いの近況をチェックしないと乗り遅れる、逆に自分も日常をアップしないと気が済まないって、さすがにそれは疲れます。

速水 濃密になっているのか手数だけ多くて薄くなっているのかは微妙なところだけどね。でも、最近気付いたんだけど、『テラスハウス』ってスマホいじらないんだよね、会話中に。番組の初期では気にしなかったけど、いまは不自然さが気になるようになった。

おぐら たしかに、何気なくスマホをいじりながら会話してるシーンって、見覚えないですね。リアリティ番組なのに、そこはリアルじゃない。

速水 リアリティ番組は常にカメラが撮影しているわけだけど、現実の世界もそれに近づいていて、周囲はネットに接続されたスマホで囲まれている。

おぐら だからユナイテッド航空の事件も、決定的瞬間とともに拡散されたわけで。

速水 それがさらに逆転していて、リアリティ番組の中だけが、スマホの存在しない世界になりつつある。

おぐら ということは、テレビで放送されない「リアリティ番組」の現場が最もリアルで、例の打ち切りになったリアリティ番組こそが最先端?

速水 そう。で、やっとここまでの話を踏まえて今回の結論にいきたいんだけど、昼ドラマの『やすらぎの郷』の話がしたかった。

おぐら 『やすらぎの郷』きた! かつて、この連載で武田砂鉄さんがゲストに来た回で、老人版テラスハウスが必要だっていう話をしましたけど、まさにそれですよね。若者ではなく、洒落た老人たちが集まる夢の老人ホーム!


「やすらぎの郷」(前列左から)有馬稲子、八千草薫、倉本聰、石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、五月みどり、(後列左から)松岡茉優、草刈民代、常盤貴子、風吹ジュン、藤竜也、ミッキー・カーチス、山本圭、名高達男 ©時事通信社

速水 そう、テレビ業界で活躍して、その後お払い箱になった人たちが集まる夢のような老人ホームのお話で、この設定だけでも十分に倉本聰のテレビ界への怨念は伝わってきており……。

おぐら 82歳の脚本家・倉本聰が、若者に迎合しないことをコンセプトに、70歳オーバーの往年の女優たちを起用して、高齢者をターゲットにしたドラマを企画。これが想定外の高視聴率ということで、話題になってます。

速水 業界では異例と言われているけど、テレビの視聴者層の高齢化を踏まえると、当たり前の方向性なんだと思われ……。

おぐら 「シルバー革命」とも言われてますよね。で、それがどうして今回の結論なんですか? なんかスマホと関係してます?

速水 いや、このドラマ、2クールの放送が決まっているんだけど、撮影現場には常に看護師が待機してるんだって。出演者の高齢者への配慮なわけで……。

おぐら なるほど。半年間、撮影を続けること自体がリアリティ番組ってことですか。

速水 放送の途中で脱落者が出るかも知れないと。女優が途中で出家するとか、別の意味での緊張感にさらされるという。

おぐら 恋に落ちるとかよりも切実で、無人島のサバイバルより現実的で、だいぶ緊張感ありますね……。

速水 いっそ、さらに追加で高齢役者を投入して、2クール以上続いて欲しい!

はやみずけんろう/1973年生まれ。ライター。TOKYO FM『速水健朗のクロノス・フライデー』(毎週金曜日朝6:00〜9:00)、同局『TIME LINE』(第1・3・5火曜日19:00〜19:54)、フジテレビ・ホウドウキョク『あしたのコンパス』、日本テレビ『シューイチ』などに出演中。近著に『東京β』(筑摩書房)、『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』(朝日新書)などがある。

おぐらりゅうじ/1980年生まれ。埼玉県出身。フリーの編集者として雑誌『テレビブロス』ほか、書籍や演劇・映画のパンフレット等を手がけている。企画監修を務めた、テレビ東京の番組『ゴッドタン』の放送10周年記念本『「ゴッドタン」完全読本』が発売中。


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す