川栄李奈と人気YouTuber Fischer’s(フィッシャーズ)が初共演! 出演者のスマホをのぞき見ながらストーリーが進んでいく、新感覚タテ型ドラマムービー – PR TIMES (プレスリリース)



 バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang)は、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji(シメジ)」のプロモーションとして若者に絶大な人気を誇る、女優・川栄李奈さんとYouTuberの Fischer’s(フィッシャーズ)が出演するタテ型ドラマ「片想い送信中」第1話を11月15日(水)からWEBで公開します。
 WEBドラマ「片想い送信中」はスマホでの視聴に特化したタテ型映像によるWEB限定ドラマとなっており、ストーリーは全5話、毎週水曜日に特設サイト(URL:https://simeji.me/cp/love2017/)にて順次公開していきます。
 また、Simejiアプリでは、オリジナルコンテンツとして、広告キャラクターである川栄李奈さんとFischer’sのオリジナルスタンプも提供開始します。

恋のかけひきを疑似体験!スマホのぞき見ドラマ「片想い送信中」とは
 最近は、恋のかけひきや告白などもスマホ上で繰り広げられることが当たり前になってきました。メール返信のタイミングやスタンプの使い方など、若者の恋はスマホの中で行われているといっても過言ではありません。「片想い送信中」は、そんな時代に合わせて作られた、全く新しい形のドラマです。ドラマの本編ストーリー内はすべて出演者のスマホ画面の中で進行していきます。
 メッセージを受信したり、自撮り写真を送りあったり、ビデオ通話したりと、登場人物の恋の行方を”のぞき見”することで、次に何が起こるのかドキドキしながらドラマを楽しむことができます。
 オープニングと次回予告は実写シーンになっており、川栄李奈さんの甘く切なく揺れ動く女子高生姿や、Fischer’sメンバーが本気で演じる真剣な姿が盛りだくさん。ファン必見、胸キュン必至の内容になっています。

 この度15日に公開される第1話は、クリスマスも近づいた冬の物語。同じ高校に通う男女6人の心の葛藤を描いております。ぜひスマホ画面でご覧頂ければと思います。
 また、ストーリーは全5話、毎週水曜日に「片想い送信中」特設サイト(URL:https://simeji.me/cp/love2017/)にて順次公開していきます。

<第1話ストーリー>

 李奈、シルク、ンダホ、マサイ、ぺけたん、モトキは同じ高校に通う仲良しグループ。この間もハロウィンパーティーで大盛り上がりしたところだ。その時の写真を見返す李奈は、シルクに秘めたる恋心を抱えていた。ずっと友達のままでいいの・・・?李奈はシルクとの恋がうまくいくように、神社にお参りに。親友であるンダホに相談しながら、クリスマスにシルクをデートに誘う決心をする。

 シルクとスタンプや顔文字を送り合い、本題に入ろうかと思ったその時!突如、友達のみかりんからメッセージが。「李奈、やばい・・・」そしてビデオ通話が始まる。(まるで川栄李奈さんとビデオ通話している気分になれます!)そこに映ったのは、学年イチの美女とシルクのデート現場で!?!?!
 李奈の恋の行方は?シルクの真意は?そして、本当の気持ちを隠した人物がもう一人・・・?!
 各話ごとにのぞき見るスマホの持ち主が変わり、物語が交差していく。笑いあり涙あり、ハラハラドキドキ体感型スマホのぞき見ドラマの幕開けです!!

■第1話(11月15日公開)
1話目で告白とかやっぱ無理ですよね?〜 李奈のスマホをのぞき見 〜
※動画URL:https://youtu.be/weVMdVrL3O4

(参考)予告編動画URL:https://youtu.be/LWifLqif7Ls

<今後公開予定の各タイトル>

・第1話(11月15日公開):
1話目で告白とかやっぱ無理ですよね?〜 李奈のスマホをのぞき見 〜
・第2話(11月22日公開):
こじれる、よじれる、恋心。〜 シルクのスマホをのぞき見 〜
・第3話(11月29日公開):
男になっていい?〜 ンダホのスマホをのぞき見 〜
・第4話(12月6日公開):
犯人発覚?〜 マサイのスマホをのぞき見 〜
・第5話(12月13日公開):
嫌い、嫌い、嫌い、すき。〜 李奈のスマホを覗き見 〜

悪天候の中にも関わらず終始賑やかな撮影現場エピソード

 都内某所。あいにくの曇り空の中、撮影が行われました。最初こそ少し緊張の様子でしたが、すぐに打ち解け、カメラが回ってない時もひたすら喋るシルクさんやンダホさんに、川栄さんも終始笑いっぱなし。坂を走るシーンでは、本気の全力疾走で3人とも大笑いでした。

 Fischer’sの5人は、普段は見せない真剣な演技にも挑戦。全力疾走するンダホさんを見て「腹の肉の脈動がすごい」と爆笑していたシルクさんも、カメラが回ると役者さながらの演技を見せてくれました。待機中、Fischer’sメンバーが複数人集まると、セリフを読み合わせしたり、演技指導をし合ったり、時には歌い出したり!?と、とっても仲良しでスタッフも笑顔に。

 部屋の撮影は、とあるハウススタジオで行われました。川栄さんは恋に翻弄され涙するシーンにも挑戦。屋外で見せていた明るく元気な川栄さんとはうって変わって、切ない表情を見せてくださいました。

 全員集合するハロウィンパーティーのシーンでは、まるで本当に同級生仲間のような盛り上がりに。

 朝から深夜にわたる長丁場でしたが、終始にぎやかな撮影となりました。

■スマホのぞき見ドラマ『片想い送信中』|メイキングムービー
https://youtu.be/CWZllQg0PuE

 キュンキュンな想いを語る川栄さん・Fischer’sインタビュー

Q.はじめての共演でしたが、お互いの印象はいかがでしたでしょうか。
シルク「まず、うるさくて本当に申し訳ないです。って感じです(笑)」
川栄「良い意味で騒がしくて(笑) すごく楽しかったです。
   いつも面白くて。みんな同級生で、
   同級生って知った瞬間、“おっ”って思いました。」
シルク「川栄さんはイメージ通りで、ずっと元気な印象で、笑い声が響いてました。」

Q. 台本を初めて見た時の率直な感想を教えてください。

川栄「すごく青春というか、ちょっとキュンキュンするところがあったりして、

   いいなって思いました。」

シルク「心臓が持たない、これきついなー、俺これ言われるのかーって思ってました(笑)

    あちこちで俺の名前呼ばれるし。キュンキュン通り越して・・・」

ンダホ「もはやギュンギュン(笑)」

モトキ「キュンキュンもあるし、台本見てめっちゃ笑いました。

    面白いところもいっぱいあって、キャラをつかんでた。」

Q.ドラマの見どころなどあれば教えてください。

川栄「それぞれ個性がたくさん出ていて、私たちは23歳になる年ですが、

   まさに青春を味わえる台本だったので、

   このドラマを演じることができてとてもよかったです。」

シルク「若い力を見せてやろうと。」

Q.ふだんのトークアプリやSNSのやり取りの中で、

  今回のドラマのようなキュンキュンするシーンはありますか?

川栄「これは皆さんの方が多いんじゃないですか!?」

ンダホ「メッセージとか送って、疑問形式で送ってないのに返信があるとき、

    おって思います。ちゃんと興味持ってくれてるんだなと。」

ぺけたん「既読になってるのに、返信がないとき。

     くすぐったいし、じらすやん〜って思います(笑)」

川栄「女の子と夜よく電話するんですが、ふいに深夜にビデオ通話でかかってくれるのは

   うれしいです。」

ンダホ「(そんなこと言ったら)これから毎日友だちから電話かかってきますよ。(笑)」

■スマホのぞき見ドラマ『片想い送信中』|出演者インタビュー

動画URL:https://youtu.be/6q3WPCQ457E

主題歌はMrs. GREEN APPLE!監督は若干19歳の注目映画監督!

主題歌はロックバンド・Mrs. GREEN APPLEの「JOURNEY」起用!

「片想い送信中」の主題歌は、ティーンを中心とした音楽ファンから多くの支持を集めるロックバンド・Mrs. GREEN APPLEの「JOURNEY」を起用。疾走感あふれるサウンドと、独特な言い回しの歌詞がドラマと合致し、恋の行方を盛り立てます。

<Mrs. GREEN APPLE プロフィール>


Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)は、大森元貴(Vo&Gt)、若井滉斗(Gt)、山中綾華(Dr)、藤澤涼架(Kb)、髙野清宗(Bs)による5人組ロックバンド。2015年7月8日、EMI RECORDSからメジャーデビュー。

 
監督は19歳!ティーンの気持ちを掴む新進気鋭の映画監督起用!

今回メガホンをとるのは、なんと19歳現役大学生の松本花奈監督。もともと子役として映画にも出演していた経歴をもちながら、16歳から映画監督の道に。現在も青春映画を撮り続け、近作『脱脱脱脱17(ダダダダセブンティーン)』ではゆうばり国際ファンタスティック映画祭 審査員特別賞&観客賞のダブル受賞でも注目されました。

ドラマの設定である高校に限りなく近い監督だからこそ創ることができる、甘く切ない胸キュンシーンにご注目ください。

<監督プロフィール>

松本花奈(まつもと・はな)

1998年生まれ。慶應義塾大学在学中。17歳の時に監督した映画「脱脱脱脱17」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にて審査員特別賞&観客賞を受賞。その他の作品に映画「スクールアウトサイダー」、映画「過ぎて行け、延滞10代」、HKT48 MV「キスは待つしかないのでしょうか?」、井上苑子MV「大切な君へ」、花澤香菜MV「ざらざら」等。

 

<出演者プロフィール>
■川栄李奈

女優。1995年2月12日生まれ。2010年AKB48第11期研究生オーディションに合格し芸能界入り。2015年にAKB48を卒業後は、NHK系連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や関西テレビ「僕たちがやりました。」映画「亜人」「デスノート Light up the NEW world」と続々と出演を果たす。現在は、NHK「アシガール」NHKBSプレミアム「男の操」に出演中。2018年1月20日に映画「嘘を愛する女」、3月3日には「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」の公開を控えている。

■Fischer’s(フィッシャーズ)

出来そうで出来なさそう、くだらない事、好きなことをする…。
中学三年の頃、「楽しい」を動画にすることから始まった7人の思い出系ネットパフォーマー軍団。
メンバーは7人[シルクロード] [ンダホ] [ダーマ] [ザカオ] [ぺけたん] [モトキ] [マサイ]。YouTube チャンネル総登録者数490万人と若者から絶大な支持を集めるグループ系YouTuber。

 
ドラマ公式Twitterアカウント開設&スタンプ配信!

■「片想い送信中」Twitterアカウント開設

先行して11月8日(水)よりTwitterを開設。撮影風景や、川栄李奈さん・Fischer’sさんのオフショット、さらに、ここでしか見れないFischer’sさんの面白トーク動画など、最終話公開まで、毎日更新していきます。(URL:https://twitter.com/I_am_6ki6ki_GOD

■Simejiでドラマ公式スタンプ配信中

新CMを記念して「Simeji」にオリジナルコンテンツ登場!川栄李奈さんとFischer’sのSimejiでしかゲットできないオリジナルスタンプを配信中。第2話目以降も、Fischer’sのキーボードなど充実したコンテンツを毎週提供していきます。

日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」について
Simeji(シメジ) -日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ」は、Google Play™で最初に公開されたサードパーティー日本語キーボードです。現在はGoogle Play™にて、累計約1,667万以上のダウンロード数を誇る日本語入力アプリとなっています。さらに、2014年9月に はiOS版を提供開始、2017年10月時点で1,233万ダウンロードを達成、両OS併せて2,900万ダウンロードを達成しました。また今年、App Store「Best of 2016 今年のベスト」ランキング:無料カテゴリにランクインしました。

フリック入力や顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードに加え、中国百度のAI技術を活用した音声入力にも対応し、ユニークできめ細やかな文字入力体験を提供しています。またメールやSNSのコミュニケーションが豊かになる絵文字や顔文字を多数、App内に搭載しています。更にクラウド超変換を使用する事で、端末メモリ使用量をおさえたまま豊富な顔文字変換を表示する事や、入力した瞬間におもしろ変換を表示する事が可能です。またキーボードのデザインを自由に変更できる洗練されたデザインのスキン機能により、カスタマイズすることができ、スマホやタブレット端末を使う楽しみがいっそう高まります。

2015年3月には初の有料アプリとなる「Simeji Pro」もiOS向けに提供開始しました。




こんな記事もよく読まれています