タブレット時代の終わり – TechTargetジャパン



 Googleは、同社最後の「Android」タブレット兼ノートPC「Pixel C」(日本未発売)の販売をひっそりと停止した。Pixel Cは事実上、市場に流通していた唯一のハイエンドAndroidタブレットだった。高価なAndroidタブレットには関心が持たれない。GoogleによるPixel Cの販売停止は、これを認めたことを表している。

 安価なAndroidタブレットの販売はいまだ好調だ。他のOSを搭載するハイエンドタブレットの販売も同じく堅調だ。400ドル以上で販売されるAndroidタブレットだけが受け入れられなかった。

併せて読みたいお薦め記事

Windows 10に押されるAndroid

iOS vs. Android、ビジネスで使うなら?


ノートPCの代用としてのPixel C

 2014年、GoogleはPixel CをMicrosoftの「Surface Pro」やAppleの「iPad Pro」の対抗機種と位置付けた。この10.2型Pixel Cにはオプションの拡張キーボードも用意した。Pixel Cの最低価格は499ドルで、高速プロセッサのNVIDIA「Tegra Z1」を搭載する。また、Pixel Cのシステムソフトウェア更新プログラムはGoogleから頻繁かつ速やかにリリースされる。そのため、新しい「Android 8.0(Oreo)」にもアップグレードできる。

オプションキーボードを装着したPixel C
オプションキーボードを装着したPixel C《クリックで拡大》

 GoogleはPixel Cの販売終了を発表していない。だが米国の「Google Store」からPixel Cの製品ページを完全に削除している。

需要が伸びなかった

 GoogleがPixel Cをリリースしたのは2015年のことだ。だが、その後継となる新バージョンは提供されていない。このことからも、Pixel Cの需要がそれほど伸びなかったことがはっきりと分かる。





こんな記事もよく読まれています