iPhoneにクレジットカードを登録するべき? 避けるべき? – いまさら聞けないiPhoneのなぜ – マイナビニュース



説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneにクレジットカードを登録するべき? 避けるべき?』という質問に答えます。

***

iPhoneにクレジットカードの情報を登録しておくと、WEBブラウザ(Safari)でネット通販利用時にカード情報を手入力する必要がなくなります。そのうえカードを持ち歩く必要がなくなりますから、ひんぱんにネットショッピングするのであれば、検討の余地はありそうです。

なお、カード情報を登録するといっても、iPhoneの内蔵ストレージに記録されるわけではありません。iCloud.comにおけるすべての通信はTLS(Transport Layer Security) 1.2という安全性の高い暗号化技術により保護されており、情報の持ち主本人だけがiCloudにサインインしているデバイスから情報にアクセスできます。MacやiPadともカード情報を安全に共有できますから、登録する価値はさらに高まります。

iPhoneには「Face ID」と「Touch ID」という生体認証機能が搭載されていますから、もしiPhoneを紛失/盗難したとしても、カード情報が抜き取られる可能性は低いといえます。もし、生体認証機能どころかパスコードすら設定しない状態でiPhoneを利用しているのなら、カード情報の登録は避けるべきです。

もっとも、登録したカード情報を利用する場面は、それほど多くありません。多くのネット通販サイトはクレジットカード登録機能を備えており、カード情報を入力しなくとも買い物できますから、iPhone(iCloud)のカード情報を呼び出す場面は初めて利用するサイトだけ、という事態もありえます。

どれほど堅牢なシステムであっても情報流出/盗難のリスクはゼロにならないため、カード情報を登録するサイト数が少ないに越したことはありません。いざというとき便利だから、という理由だけでカード情報を登録することは避けましょう。




こんな記事もよく読まれています