就寝前に便利な、iPhone「スマートな反転」を使いこなす方法 – ITmedia




ハウツー


» 2018年01月13日 06時00分 公開



明るい画面を選択的にネガポジ反転してくれる「反転(スマート)」を、1回の動作で呼び出す方法を紹介。





 iOS 11で追加されたiPhone、iPadの新機能を紹介する連載「iOS 11 Tips」。今回紹介する機能は、明るい画面を選択的にネガポジ反転してくれる「反転(スマート)」です。


明るい画面を選択的にネガポジ反転してくれる「反転(スマート)」

 iOSには従来、画面全体のネガポジを反転する「反転」機能がありました。反転を使うと、それまで白地に黒い文字だった記事や電子書籍を黒地に白文字で読めるため、就寝前などに明るい画面を見ずに済む利点があった一方で、全体を反転させてしまうと写真や普段見慣れた設定の色まで変わってしまうデメリットもありました。

 「反転(スマート)」では、明るい画面は反転しつつ、写真や設定アイコンの色は通常通りに表示できるようになりました(写真はアプリの対応による)。

 単純に設定するには、「設定」の「アクセシビリティ」から「ディスプレイ調整」に入り、「色を反転」→「反転(スマート)」をオンにしなければいけないので、ステップ数が多く煩雑です。

反転反転反転
「アクセシビリティ」から「ディスプレイ調整」に入り、「色を反転」→「反転(スマート)」をオンにしなければいけない

 そこで、1回の動作で「反転(スマート)」をオンオフできるショートカットを設定しましょう。「アクセシビリティ」まで戻って、スクロールして一番下まで見ると「ショートカット」の項目があります。これをクリックするとホームボタンをトリプルクリックした際に呼び出す機能を設定できるので、「色を反転(スマート)」にチェックを付けます。これで、トリプルクリックによりいつでも画面をスマートに反転することが可能になります。就寝時にネットの記事や電子書籍を読む際など、試してみてください。

反転反転反転
「アクセシビリティ」をスクロールして一番下まで見ると「ショートカット」があります。ショートカット機能に「色を反転(スマート)」を割り当てましょう。一番右は反転後に写真を表示した画面


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);




こんな記事もよく読まれています