iPhoneのスクリーンショットは即編集・削除できる – ITmedia




ハウツー


» 2018年01月14日 06時00分 公開



iOS 11を搭載したiPhoneやiPadで撮影したスクリーンショットを、その場で編集したり削除したりできる機能を紹介。





 iOS 11で追加されたiPhone、iPadの新機能を紹介する連載「iOS 11 Tips」。今回紹介する機能は、撮影したスクリーンショットを編集したり削除したりできる新機能です。

 iOS 11になってから、スクリーンショットを撮ると左下に小さなプレビュー画面が出ることには多くの人が気付いているのではないかと思います。このプレビュー画面は、タップすることですぐに撮影画面の編集作業に入ることができます。


プレビュー画面をタップした後の編集画面

 できることは、フリーハンドでの描画の他、テキストや署名の挿入、図形の配置、拡大鏡の配置などさまざま。テキストや図形の挿入は右下の「+」ボタンタップでメニューが出ます。

緑色で描画テキストや図形などを挿入してみた
色を変えて線を描いてみたり、テキストの挿入、図形の配置、拡大鏡の配置をしてみたりとさまざまなことができます

 編集が完了したら、左上の「完了」をタップして「“写真”に保存」で保存が完了します。逆に「このスクリーンショットはいらないな」という場合、「完了」タップ後に「スクリーンショットを削除」をタップすることで画像を消すこともできます。


左上の「完了」をタップすると「“写真”に保存」「スクリーンショットを削除」の2つの選択ができます


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);




こんな記事もよく読まれています