【Jリーグ】サガン鳥栖GK権田修一が古巣FC東京サポーターに涙の挨拶! 「土下座をしたつもりはありませんでした」



2017年4月1日のJ1サガン鳥栖vsFC東京戦は3対3の引き分けに。試合終了後、サガン鳥栖GK権田修一選手が古巣FC東京サポーターが陣取るゴール裏に出向き、涙を流しながら手を合わせて謝罪するジェスチャーを見せ、コーナーポスト近くで膝をついて号泣する様子が報じられています。

日本代表にも選出されていた権田選手は2015年7月にオーバートレーニング症候群になり、2016年にオーストリア3部(当時)のSVホルンに期限付き移籍。2017年1月14日には欧州での移籍を模索するためにFC東京との契約を解除していましたが、2月には鳥栖に加入。この経緯に関しては批判的なFC東京サポーターもいました。

そんな中、今回のゴール裏では拍手と声援で迎えられ、感極まった表情を見せて涙を流した権田選手に、一部サッカーメディアは「土下座で謝罪」といった記事を配信し、『Yahoo!トピックス』にも掲載。
ただ、これには権田選手が『Twitter』で次のように訂正しています。

1つ僕の行動が報道で勘違いされてる事があるので訂正させて下さい。
地面に膝と手をついたのは土下座をしたつもりはありませんでした。
もちろん土下座コールがあったわけでもありません。
これからは謝罪ではなくプレーで感謝の気持ちを皆さんに伝えていけるようにしていきたいと思います!

これに対してはFC東京サポからは「権田選手が東京を愛し続けるように、権田選手を応援し続けます」「どの選手より近くまで来てくれたことが嬉しかった」「どんなかたちであれ必ず東京に帰って来いよ」といった声が寄せられ、鳥栖サポからも「鳥栖に来て良かったと思ってもらえるように精一杯応援します」といったメッセージが送られていました。

※画像は権田選手の『Twitter』より
https://twitter.com/gonchan20/status/848309784637980672 [リンク]




こんな記事もよく読まれています