PCの『バグ』は本物の『虫』だった!? 誰かに話したくなるPC・ネットの薀蓄・エピソード 5選



2月21日に発売された『バグは本当に虫だった なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話』(ペンコム)から、マイコン世代には懐かしく、スマホ世代もビックリの薀蓄・エピソードを厳選してご紹介。 読めばきっと誰かに話したくなる!■1. 最初の『バグ』は本物の『虫』だった黎明期のコンピューターは筐体が大きく暖かかったため、蛾のような虫が入って故障させることもしばしば。プログラマーはこの虫を取り除いて不具合を修正していた。初期のバグはリアルの虫が引き起こしていたのだ。やがてプログラムの不具合自体を『バグ』と呼ぶようになった。

■2. 高すぎ!? 最初の日本語ワープロの値段は630万円

1978年に東芝から発売された日本語ワープロ『JW-10』の値段はなんと1台630万円!!さらに筐体も大きく、机全体をワープロが専有していた。それなのに本体のHDD容量はたったの10MB。スマホ世代には信じられない価格設定だった。

■3. 意外! ExcelはMacintosh版が先だった

マイクロソフトの表計算ソフト『Excel』は、意外なことにMacintosh版が先に発売された。これは既にMS-DOS用の表計算ソフトとしてロータス1-2-3が君臨していたためで、まだ主流が決まっていないMacintoshでシェアを取ろうと開発したのがExcelだった。Excelは評判がよく、これを使うためにMacintoshを買う人も多かった。




こんな記事もよく読まれています