トヨタがハイエースに先進安全機能を載せる理由(日経トレンディネット)



 トヨタがワンボックス車の「ハイエース」シリーズと「レジアスエース」を一部改良し、2017年12月1日に発売した。税込み価格は「ハイエース バン」「レジアスエース バン」が240万5160~370万4400円。定員10人の乗用ワゴン「ハイエース ワゴン」が281万4480~391万680円。定員14人のハイルーフ仕様のミニバスタイプ「ハイエースコミューター」が314万2800~365万9040円。レジアスエースは車名とエンブレム以外は、ハイエース バンと同じ仕様で、販売チャネルが異なる。

【関連画像】トヨタ「ハイエース バン スーパーGL」(税込み356万2920円~)

 今回の改良のポイントは、安全面と防犯面の強化と、新クリーンディーゼルエンジンの搭載だ。詳しく見ていこう。

●商用車だからこそ、先進安全運転支援パッケージもこだわった

 まず安全面では、商用車でも徐々に普及が進みだした先進安全運転支援パッケージ「Toyota Safety Sense」の上級仕様である「Toyota Safety Sense P」を初めて全車に標準装備した。これは単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせたシステムで、歩行者検知機能付衝突被害回避・軽減ブレーキ、車線逸脱警告機能、オートマチックハイビームの3つの機能でドライバーをサポートするというもの。

 価格にシビアな商用車で、上級仕様の安全支援システムをなぜ付けたのか。商用車は積載する荷物によって、車両重量が大きく変わり、積載する位置によっては重量バランスも変動する。しかも日常的に使用され、長距離移動も多く、荷物を積載した状態で一般道から高速まで幅広い領域で使用される。マイカーに比べると移動時の重量も重く、走行距離もかなり長いことが多い。つまりシビアな状況での使用が想定されるからこそ、早めに危険を察知できるように、センサーがカバーする範囲が広いミリ波レーダーを採用した安全支援システムを採用したというわけだ。

 このため空荷から積載可能な最大の重さまで、あらゆる積載状況において安全運転をサポートできるように、モデルごとに専用にToyota Safety Sense Pをチューニングしているのが「今回の改良で最もこだわった点」とトヨタの野村 淳チーフエンジニアは話す。仕事の道具であり、移動手段として使われる商用車だからこそ、高性能なシステムを採用し、作り込んだというのだ。商用車の故障はユーザー本人だけでなく、影響が多岐に及ぶため、「ハイエースは開発時から、故障しても大きな修理が必要にならないように、各部位で先に壊れる箇所を想定し、対応策を盛り込んでいる。例えば、駆動系でも高価な部品より前に安価な部品が壊れるようにし、早めに異常に気付いて軽傷のうちに必要な修理を行えるように設計している。Toyota Safety Sense Pの搭載により事故などのアクシデントを防ぐことは重要だが、顧客の仕事に支障をきたさないという効果もある」(野村チーフエンジニア)

●なぜACCが付かなかったのか

 一方で、乗用車版のToyota Safety Sense Pには搭載されている全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)が今回のハイエースおよびレジアスエースには付いていない。今回の安全装備は2年前から開発に着手していたが、基本機能のチューニングにかなりの時間が必要であったため、今回は搭載を見送っている。日産から先進運転支援機能搭載版の「キャラバン」が先に登場したこともあり、先進安全運転支援機能をなるべく早くだすことを優先させ、ACC機能の搭載を先送りしたというわけだ。具体的な時期は明かさなかったが、ACCの搭載は次のステップとして考えているという。

 なお、Toyota Safety Sense Pのほかにも、カーブや急ハンドル時に横滑りを抑える「車両安定制御システム(VSC)」、滑りやすい路面での発進や加速時のタイヤの空転を防ぐ「トラクションコントロール(TRC)」、急な坂道での発進時に車両のずり落ちを一定時間抑える「ヒルスタートアシストコントロール」を搭載している。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています