栄太郎から「歓びコンパニオン写真」のお裾分け(3)【東京ゲームショウ2017】(日経トレンディネット)

 何かと斜に構える「おっさん記者栄太郎」は、コンパニオン撮影が大好物。東京ゲームショウ2017で鍛えられ、メキメキ写真の腕を上げている栄太郎が、全身全霊を込めて撮りまくった“歓びコンパニオン写真”を、読者の皆さまにお裾分けしましょう。

【関連画像】渾身のコンパニオン写真をお楽しみください

(写真/斉藤 栄太郎=nikkei BPnet)

 ※日経トレンディネットでは、2017年9月21日(木)から24日(日)まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」に関する特設サイトを開設中です。

・東京ゲームショウ2017:ビジネスデイは9月21日(木)、22日(金)。一般公開は9月23日(土)、24日(日)。

・東京ゲームショウ2017 速報(http://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2017/)

【関連記事】

【写真レポート】“18禁”ブースでポールダンスショーを上演(東京ゲームショウ2017)(日経トレンディネット)

 PlayStation 4向けにダウンロード販売しているサバイバルアクションゲーム『LET IT DIE』(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)。残虐な表現(暴力や出血など)を多分に盛り込んでいるため、ゲームソフトの審査を行う「CERO」(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)のレーティングでは「Z」(18歳以上のみ対象、すなわち「18禁」)に指定されている異色タイトルだ。同社によると、国内よりも米国での熱狂的なファンが多いという。

【関連画像】23日、24日の両日、1日7回開催されたスペシャルポールダンスショー(撮影:中村宏)

 そんなLET IT DIEは、東京ゲームショウ2017の展示も当然のように“18禁”。ブースでの体験プレーはヘッドマウントディスプレーで行っていた。

 このブースの一角に、ビジネスデイには非公開となっていたスペースがあった。地下や倉庫にあるような薄暗いクラブをイメージした特設ステージだ。一般公開日の初日を迎え、特設ステージへの扉がようやく開かれた。ちなみに特設ステージへの入場も、18歳以上という年齢制限を設けている。

 特設ステージでは、YouTubeライブで生中継する『LET IT DIE』のスペシャル公開生放送を実施するほか、『LET IT DIE』のスペシャルDJプレーと、露出度高めの衣装を身にまとったポールダンスショーを複数開催している。ブースの担当者によると、同ゲームのキャラクターをモチーフにした企画したという。ステージからブース天井まで、数メートルの高さまで伸びたポールを使ったパフォーマンスは、妖艶というよりも、圧巻のショーだ!

 まだまだ、こんなもんじゃない! 中村カメラマン渾身のポールダンスの写真は、関連写真からチェックしよう。

(文・写真(ブース)/原 如宏、写真(ポールダンス)/中村 宏)

 ※日経トレンディネットでは、2017年9月21日(木)から24日(日)まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」に関する特設サイトを開設中です。

・東京ゲームショウ2017:ビジネスデイは9月21日(木)、22日(金)。一般公開は9月23日(土)、24日(日)。

・東京ゲームショウ2017 速報(http://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2017/)

【関連記事】

出勤前に30分 「アイロンいら~ず」でシャツがパリッ


 シャツ専用の乾燥機「アイロンいら~ず」がアスキーストアで販売中。わずか30分で乾いてシワが伸び、名前のとおり“アイロンいらず”のスグレモノです。

 シャツの形状にあった乾燥バッグに着せてハンガーでひっかけ、乾燥バッグを約70~80度の温風でパンパンに膨らませます。短時間で高温乾燥するので嫌なニオイも抑制します。

 連続動作と180分までのタイマー機能もあり、乾燥後にホカホカなシャツを冷やすための送風機能もあります。

 乾燥バッグは大小2種類、長袖、半袖、女性用も対応します。乾燥バッグの中で靴下や下着を乾燥させることも可能です。

 このアイロンいら~ず、クリーニングに出す場合と比較するとかなりお得。持っていく手間もかからず、使いたい時にすぐ使えます。

 アスキーストアでは8618円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

 これ1台でパリッと乾燥 & ピシッとシワ伸ばしできるシャツ専用乾燥機 シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら~ずをアスキーストアで注文


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

両手が空く“冷えるネックウォーマー”でツーリングが快適


 “冷えるネックウォーマー”がアスキーストアで販売中。暑い夏も寒い冬も使えます。

 USB電源による電動式。熱電素子の一種・「ペルチェ素子」による冷却で、10度くらいをキープし続けます。両手が空くので自転車やバイクのツーリングにもオススメ。

 スイッチを切り替えれば、ぬくぬくウォーマーに早変わり。35~40度程度のじんわり温かい温度で、首の回りを暖めます。

 アスキーストアでは6980円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

 夏は冷却 冬は暖める 持たずに年中使える! ネック冷却クーラー&温めウォーマーをアスキーストアで注文


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

夜のコスプレは“本職”が熱い! Cosplay Collection Night @TGS(5)【TGS2017】(日経トレンディネット)

 今も昔も、サタデーナイトは“フィーバー”と相場が決まっている(古くて申し訳ない)。しかし、東京ゲームショウの土曜の夜と言えばこれ、「Cosplay Collection Night @ TGS presented by キュア」。コスプレが“本職”と言っても過言ではない人気コスプレイヤーたちが勢ぞろいするこのイベントがなければ、東京ゲームショウ2017は終われない。今年は250人以上が登場するという、とんでもない規模となった。力の続くかぎり、彼らの熱気をお届けする。

【関連画像】人気コスプレイヤーの写真をお楽しみください

(写真/酒井 康治)

取材協力:Cure WorldCosplay(https://worldcosplay.net/)

 ※日経トレンディネットでは、2017年9月21日(木)から24日(日)まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」に関する特設サイトを開設中です。

・東京ゲームショウ2017:ビジネスデイは9月21日(木)、22日(金)。一般公開は9月23日(土)、24日(日)。

・東京ゲームショウ2017 速報(http://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2017/)

【関連記事】

TGS2017コスプレエリアをアイドル担当が取材したらこうなった – 芸術的谷間、同性もため息の美女コスプレイヤーに心わしづかみ!

国内最大のゲームの展示会「東京ゲームショウ2017」(会期:9月21日~24日、21・22日はビジネスデイ)が千葉県・幕張メッセで開催され、23・24日の一般公開日には会場に設置された撮影エリアが多くのコスプレイヤーでにぎわった。”日本一のコスプレイヤー”として知られるえなこさんをはじめ、人気コスプレイヤーともなるとグラビア界からも注目される存在だ。そこで今回は、アイドル担当編集が現場取材を敢行。会場で”グッときた”美人レイヤーさんたちを激写した。

両日とも雨天を免れたものの、強い日差しとの戦いとなったコスプレエリア。今年は囲み取材がNGとなったため、人気のレイヤーさんになると待ち時間が1時間を超すことも。参戦していたカメラマン氏に話を聞いたところ、「ゲームショウはコミケよりもお目当てのレイヤーさんを撮影するのが難しい」とのことだった。長時間屋外での撮影はレイヤーさん側にとっても体力的に厳しく、来年はこの待機時間の短縮が課題となりそうだ。

それでは、会場で見つけた思わず”グッときて”しまった美人レイヤーさんたちを紹介していく。

『Fate/Grand Order』の遠坂凛(フォーマルクラフト)に扮していたのは、じるさん(@JILL■mw、■はアンダーバー。以降も同様)。もはや説明不要な、破壊力抜群の胸元で、周囲の視線をかっさらっていた。

『SINoALICE ーシノアリスー』のかぐや姫に扮した宮本彩希さん(@saki■miyamoto)は、そのプロポーションもさることながら、細かな仕草で表情を変えていくテクニックはさすが。

『ポケットモンスター サン/ムーン』のエリートトレーナーに扮したコスプレイヤーさんは、扉裏という見つかりにくい場所ながら、その透明感で撮影者は途絶えず。ヒトカゲのぬいぐるみとのキュートなやりとりを見せてくれた。

『ドラゴンクエストXI』マルティナのコスプレで参加したいたのは、えいか(@■■einyanya)さん。筆者もゲームでは打撃の柱として散々お世話になったマルティナだが、えいかさんも劇中を彷彿させるりりしさが際立っていた。

『艦隊これくしょん -艦これ-』那珂のくらげさん(@kuragechan666)は、思わず「君がセンター!」と言ってしまいそうなアイドル系のルックス。通りすぎる女の子たちも「カワイイ~!!」と足を止めていた。

みるお(@LTH1212mp)さんは『ラブライブ!』絢瀬絵里で参戦。花編の衣装で、アイドルらしいポージングをきめてくれた。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』の本田未央に扮した伊織もえさん(@moe■five)さんは、さすがの人気ぶり。三列になって並ぶもそれでも列は長く、スカイウォールのごとく会場を分断していた。

『FGO』のネロ・クラウディウス(ブライド)のなっこさん(@BAHARI■NC)。一見露出が少なそうに見えて、実はかなり大胆に肌を出している衣装のアレンジもポイントに。こちらも長い列ができていた。

『魔法少女まどか マギカ』の暁美ほむらに扮していたひなしゅあさん(@hina■shua)もその美少女ぶりで高い人気。筆者は3日目、撮影までの列待機時間が1時間を超えた。

『FGO』マシュ・キリエライトのカモミールさん(@chamomi017)は、クールな印象で、目線をそらしても雰囲気が出る目力も魅力だった。

こちらも『FGO』から、玉藻の前の伊藤愛梨さん(@ilovely1007)は、階段を下りてすぐの死角にもなりそうな位置ながら、人だかりの中でもはっきりとわかる美女オーラを放っており、多くのカメラマンの注目を集めていた。

『アイドルマスター』星井美希のコスプレは、さくらえびさん(@skr017)。金の水着風の難しいコスチュームを着こなし、元気なポージングで取材に応じてくれた。

「ドラゴンボール」ブルマの服たくし上げや、ぱふぱふモチーフにしたTシャツ

「DRAGON BALL × offshore」Tシャツ (c)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

鳥山明原作によるアニメ「ドラゴンボール」と原宿のセレクトショップ・offshoreのコラボTシャツが発売される。

Tシャツはブルマをモチーフにした、「offs Tee」「PUFF PUFF Tee」「Poster Tee」の3タイプをラインナップ。「offs Tee」には服をたくし上げたブルマと、それを見た亀仙人のイラストがプリントされている。「PUFF PUFF Tee」はその商品名通り、「PUFF PUFF(ぱふぱふ)」の文字を大きくデザインした1枚。「Poster Tee」には水着を着用したブルマの描き下ろしイラストがあしらわれた。

価格は「offs Tee」が9000円、「PUFF PUFF Tee」が5000円、「Poster Tee」が8000円。いずれも10月10日10時までZOZOTOWNの特設サイトにて予約を受け付けており、購入者には11月上旬に届けられる。なお「PUFF PUFF Tee」のみoffshoreにて限定先行販売を行う。

(c)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種 – 週刊アスキー

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で9月12日に公開した「新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種」を紹介します。
本記事は「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」発表前に公開した記事です


Apple

 iPhone 8(仮)の発表が間近に迫っていると噂されている。記事執筆時点ではまだ不明だが、現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)に発表会が予定されており、ここで公開されるだろう。現時点でも新型iPhoneの外観、スペックなどについては、各メディアから多くのウワサが報じられている。

新型iPhoneの噂まとめ

  1. 前面はほぼディスプレーに覆われホームボタンはなし
  2. 有機ELディスプレー搭載
  3. 指紋認証「Touch ID」は背面に移動
  4. 顔認証「Face ID」を搭載
  5. 背面カメラのデュアルレンズは縦方向に配置
  6. 背面前面カメラとも4K/60fps撮影が可能に
  7. ワイヤレス充電機能搭載
  8. CPUはクアッドコアのApple A11

※ASCII.jpの「Apple噂まとめ」より

 また、ドイツ・ベルリンで開催していた「IFA 2017」でも新型iPhone用のケースが展示してあったと報告があった。記事によれば、新型iPhoneのラインナップは3機種だそうだ。アスキー編集部の予想だと「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」に加え、ハイエンドモデルの「iPhone X」が登場すると踏んでいる。いずれも仮称であることと、あくまでも予想であることはご留意いただきたい。とくに名称に関しては「7s派」と「8派」があり、これに関しても気になるばかりである。ちなみに、iPhone 7は現地時間2016年9月7日(日本時間9月8日)に発表、9月9日に予約開始、そして9月16日に発売された。

 これらの噂が正しいか否かは9月12日の新型iPhoneの発表会で明らかになる。しかし、それを迎え撃つAndroidスマートフォンも今年は大豊作。新型iPhoneに匹敵、いや部分的には凌駕するであろう端末も登場してきている。新型iPhone発表目前だが、本記事では最新Androidスマートフォンの中からジャンル別に絞って、新型iPhoneに対抗しうるオススメ機種をキャリア、SIMフリー問わずに紹介しよう。

Android

カメラ対決! LEICAレンズで綺麗、自撮りもイケル
ファーウェイ「HUAWEI P10 Plus」

Android
ファーウェイ「HUAWEI P10 Plus」実売価格6万6000円前後
Android

 「HUAWEI P10 Plus」最大の特徴は第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版を搭載したこと。このダブルレンズカメラは、1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーで構成されており、従来機種よりも明るいF1.8の SUMMILUX-Hレンズが組み合わされている。RGBセンサーで色情報を、モノクロセンサーで形状や輪郭などのディテールを取得・合成することで、LEICAクオリティーのポートレート撮影が楽しめる。

 もちろん、第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版には、同社のMateシリーズにも搭載されていたデジタル絞り効果によるボケ効果、ハイブリットズーム機能も実装されている。

Android
P10 Plusに搭載されているのは第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版。光学式手ぶれ補正機能も組み合わされており、暗所での撮影も得意だ

 注力されているのはリアカメラだけではない。P10 Plusは前面にも「LEICAインカメラ」が採用されており、世界で初めて3つのLEICAカメラを搭載したスマートフォンだ。このインカメラは従来機種より2倍の光を取り込み可能となっており、夜間でも安定した画質でセルフィー撮影が楽しめる。

 インカメラに搭載されている機能でユニークなのが自動画角調整。セルフィー撮影時にひとりであれば画角を狭め、複数人の顔を認識すると自動的に広角撮影に切り替えてくれる。混み合った撮影ポイントでも素早くセルフィー撮影をこなせるわけだ。

Android
P10 Plusはインカメラも「LEICAカメラ」。800万画素とインカメラとしては高画素仕様で、センサーを大型化することで従来機種より2倍の光を取り込み可能となっている

 新型iPhoneではカメラ機能がアップグレードされる可能性が高いが、P10 Plus最大の強みはLEICAと協業した絵作り。単なる画質ではなく、LEICA独特の絵作りに魅力を感じているのなら、新型iPhone発売後もP10 Plusのカメラ機能に不満を感じることはないだろう。

  HUAWEI P10 Plus
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 5.5型
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約74.2×153.5×6.98mm
重量 165g
CPU Kirin 960
(2.4GHz+1.8GHz、オクタコア)
メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
OS Android 7.0
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19、4バンドGSM
カメラ画素数 リア:12メガ+20メガ/イン:8メガ
防水/防塵 ×/×
実売価格 6万6000円前後

 続きは「新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

「歓びコンパニオン写真」のお裾分け(2)【東京ゲームショウ2017】(日経トレンディネット)

 何かと斜に構える「おっさん記者栄太郎」は、コンパニオン撮影が大好物。東京ゲームショウ2017で鍛えられ、メキメキ写真の腕を上げている栄太郎が、全身全霊を込めて撮りまくった“歓びコンパニオン写真”を、読者の皆さまにお裾分けしましょう。

【関連画像】渾身のコンパニオン写真をお楽しみください

(写真/斉藤 栄太郎=nikkei BPnet)

 ※日経トレンディネットでは、2017年9月21日(木)から24日(日)まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」に関する特設サイトを開設中です。

・東京ゲームショウ2017:ビジネスデイは9月21日(木)、22日(金)。一般公開は9月23日(土)、24日(日)。

・東京ゲームショウ2017 速報(http://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2017/)

【関連記事】

海外から招待された人気コスプレイヤー写真レポート【TGS2017】(日経トレンディネット)

 東京ゲームショウの土曜の夜と言えばこれ、「Cosplay Collection Night @ TGS presented by キュア」。コスプレが“本職”と言っても過言ではない人気コスプレイヤーたちが勢ぞろい。数多くの写真の中から、海外から招待されたコスプレイヤーだけを特別にまとめた。まさにコスプレはグローバル!

【関連画像】海外招待コスプレイヤーの写真をお楽しみください

(写真/酒井 康治)

取材協力:Cure WorldCosplay(https://worldcosplay.net/)

 ※日経トレンディネットでは、2017年9月21日(木)から24日(日)まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」に関する特設サイトを開設中です。

・東京ゲームショウ2017:ビジネスデイは9月21日(木)、22日(金)。一般公開は9月23日(土)、24日(日)。

・東京ゲームショウ2017 速報(http://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2017/)

【関連記事】